メッシ不発、アルゼンチンまさかの黒星発進。コロンビアが最高のスタート【コパ・アメリカ】

6月16日(日)8時58分 フットボールチャンネル

【アルゼンチン 0-2 コロンビア コパ・アメリカ2019B組第1節】

 コパ・アメリカ2019(南米選手権)・グループステージB組第1節、アルゼンチン代表対コロンビア代表が現地時間15日に行われた。試合は2-0でコロンビアが勝利を収めている。

 強豪国同士のグループリーグ初戦。アルゼンチンはもちろんメッシを中心とした攻撃でゴールを目指すが、互いに球際で激しいバトルが続き、ビッグチャンスはなかなか生まれない。

 後半になって、よりメッシが目立つようになってきたアルゼンチンは、先制点に近づいていく。

 しかし、先制したのはコロンビア。71分、右サイドのハーフウェイライン手前でボールを持ったハメス・ロドリゲスが左サイドのスペースにロングフィードを送ると、これを受けたマルティネスがドリブルで中へ。DFをかわして右足を振り抜き、ゴール右隅に豪快なシュートを突き刺した。

 良い流れが断ちきられたアルゼンチンは、焦りが見える終盤戦。コロンビアは冷静に組織的な守備で対応していく。86分には途中出場のドゥバン・サパタが左からのクロスに飛び込んで勝負あり。コロンビアが2-0で初戦を制した。

【得点者】
71分 0-1 マルティネス(コロンビア)
86分 0-2 ドゥバン・サパタ(コロンビア)

フットボールチャンネル

「アルゼンチン」をもっと詳しく

「アルゼンチン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ