MOMは主将モドリッチ! ナイジェリア戦で攻守に渡りチームを牽引

6月17日(日)8時3分 サッカーキング

クロアチア代表の白星スタートを支えた主将ルカ・モドリッチ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 FIFA(国際サッカー連盟)は公式HPにて、サポーターの投票などにより決まる「バドワイザー・マン・オブ・ザ・マッチ」を発表。ナイジェリア代表戦で攻守に渡りチームを牽引したクロアチア代表主将のMFルカ・モドリッチが選出された。

 16日、2018 FIFAワールドカップ ロシアのグループリーグ第1節のグループDでクロアチア代表とナイジェリア代表が対戦した。同試合で人一倍ピッチを駆け回ったのがルカ・モドリッチ。守備ではナイジェリアに決定機を作らせず未然に防いでいた。また、1−0で迎えた71分にはPKを沈め、クロアチアの勝利を手繰り寄せた。

 試合後、インタビューに応じたモドリッチは「難しい試合だった」と試合を振り返った。

「簡単な試合ではないと思っていたが、そのとおりだった。良い時間帯にゴールを決め、その後は少し楽になったよ。それでも先制後はチャンスを作れていたけど、なかなか追加点は決められなかった」

「僕たちは勝利に値したと思う。ナイジェリアは良いチームで難しい試合だったけど勝つことができた」

 また、同じグループのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがPKを失敗していたことについて問われると、「僕は緊張しなかった。ペナルティスポットに完璧に集中していたからね。ゴールが決まってホッとした」と語っている。

 なお、グループD第2戦では、クロアチアが22日にアルゼンチン代表と、ナイジェリアは22日にアイスランド代表と対戦する。

サッカーキング

「ナイジェリア」をもっと詳しく

「ナイジェリア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ