コロンビア代表、FWムリエルの離脱を発表…わずか14分で負傷交代

6月17日(月)0時12分 サッカーキング

コロンビア代表はFWムリエルの離脱を発表した [写真]=Getty Images

写真を拡大

 コロンビアサッカー協会(FCF)は16日、同国代表FWルイス・ムリエル(フィオレンティーナ/イタリア)が負傷したことを発表した。

 コパ・アメリカ2019のグループB第1節が16日に行われ、コロンビアはアルゼンチンと対戦。コロンビアは14分、ムリエルが負傷したため、FWロジャー・マルティネス(クラブ・アメリカ/メキシコ)との交代を余儀なくされた。試合はマルティネスが71分に先制点を記録するなど、コロンビアが2−0でアルゼンチンに勝利した。

 公式HPによると、ムリエルは左ひざの内側側副靭帯を負傷し、離脱が決定。回復まで約5〜7週間を要するものと診断されている。また、ウィルマル・バリオス(ゼニト/ロシア)はひざを負傷したが、すでにリハビリを開始しており、数日のうちにチームに合流するという。

サッカーキング

「コロンビア」をもっと詳しく

「コロンビア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ