えっ? ボールが落ちてこない…!? 大谷翔平、超特大アーチの滞空時間が長すぎると話題に「上空で伸びたな」「まさにアーチストの打球」

2024年6月18日(火)7時0分 ABEMA TIMES

【MLB】ドジャース3-0ロイヤルズ(6月16日(日本時間(6月17日))            

【映像】大谷、上空で伸びる超特大アーチ

6月16日(日本時間(6月17日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたインターリーグ、ロサンゼルス・ドジャース対カンザスシティ・ロイヤルズの一戦で、ドジャース・大谷翔平が披露した“滞空時間の長いアーチ”が、野球ファンの間で注目を集めている。

0-0の同点で迎えた3回裏・ドジャースの攻撃、1死走者なしの場面で打席に立った大谷は、ボールを散らして幻惑する相手バッテリーに対し、そのボールをよく見極める形でカウント2-1とすると、続く4球目、ほぼ真ん中、甘めに入った変化球を見逃さずにフルスイング。すると爽快な打球音を残して打球は高々と舞い上がる大飛球に。これがセンター方向へと向ってゆっくりと伸び続けて、その後、センター左へと着弾した。

大谷といえば、スイング後に凄まじい速さでスタンドに突き刺さる高速弾も印象的だが、そうした中で披露された今回の“滞空時間の長い一撃”に、日米の野球ファンも大注目。ネット上の野球ファンからは「ボール落ちてこないなw」「これはまさにアーチストの打球」「ゆっくりと伸びて入ったな」といった様々な反響が巻き起こっている。

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

ABEMA TIMES

「大谷翔平」をもっと詳しく

「大谷翔平」のニュース

「大谷翔平」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ