韓国メディア、サッカーW杯最終予選「死のグループ」に危機感...最も避けたい国は?

2024年6月18日(火)12時20分 J-CASTニュース

サッカーの「26年北中米ワールドカップ(W杯)アジア最終予選」の組み合わせ抽選会が2024年6月27日に行われる。同予選に出場する韓国では複数のメディアが「死のグループ」を独自予想し、本選出場へ危機感を募らせている。

「オーストラリアはアジア4強に分類できる強力チーム」

アジア最終予選は18チームが参加し、6チームずつ3組に分かれて争われる。ホームアンドアウェー形式で行われ、各組の上位2チームがW杯出場権を獲得する。各組3、4位はプレーオフにまわる。

国際サッカー連盟(FIFA)が6月20日に発表するランキングに基づき、3カ国ずつのポットに分かれ、同じポットのチームとは対戦しない。現時点でランキング上位の日本、イラン、韓国が第1ポットに入ることが予想される。

韓国メディア「中央日報」(WEB版)は、「最終予選は容易ではない...オーストラリア、サウジアラビアと同組ならば茨の道」とのタイトルで記事を公開した。

同メディアは、第1ポットに日本、イラン、韓国を予想し、それからオーストラリアを第2ポット、サウジアラビアを第3ポットに予想。この「独自予想」に基づいて、記事を展開した。

記事では「韓国と一緒にアジア最強を争う日本とイランを避けたのは幸いだ」とし、「負担の大きい2カ国を避けたが、第2ポットでどの国と対戦するかが重要だ。最も厳しい相手はオーストラリアだ。最近は世代交代で混乱しているが、実力面では第1ポット3カ国と共にアジア4強に分類できる強力チームだ」と分析した。

「第3ポットではサウジアラビアを避けるのが望ましい」

そして、第3ポットと予想したサウジアラビアの実力に言及した。

「第3ポットでは、サウジアラビアを避けるのが望ましい。最新のFIFAランキングで53位まで下がったが、サウジアラビアリーグに世界的なスター選手を次々にスカウトするなど、サッカーに破格的な投資を繰り返し、国際競争力を高めている。韓国の立場からすれば、第2ポットのオーストラリア、第3ポットのサウジアラビアと同組になるのは最悪のグループ編成だ。この2カ国を避けなければ『死のグループ』を免れることができない」

FIFAランキングでは日本(18位)、イラン(20位)に続いて、アジア3位につける韓国(23位)。注目のアジア最終予選は9月からそれぞれ始まる。

J-CASTニュース

「W杯」をもっと詳しく

「W杯」のニュース

「W杯」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ