攝津正氏が語る大谷の凄さと成長。かつての対戦を振り返り「そりゃあ二刀流になるわな」

6月19日(土)6時0分 ココカラネクスト

 メジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平が日本時間18日にタイガース戦で「2番投手」として出場。

投手として6回1失点で勝利投手の権利を持ち降板すると、味方の大量援護もあり今季3勝目を手にした。

その大谷について、かつて日本球界時代に対戦経験がある、元福岡ソフトバンクホークスの攝津正氏が大谷の凄さ、さらには対戦した当時の印象を振り返った。

自身が思う、大谷の成長ポイントとは


今シーズンここまで投げては3勝、打っては19HRと、これまで以上に二刀流を体現している大谷。

中でも攝津氏は、日本球界時代と比べた大谷のバッティングの進化に注目しているという。

「日本でプレーしていた頃は、緩急に脆いというか、崩しやすかった印象があります。それが、以前は足を上げていたバッティングフォームから足を狭めるように修正したことで、苦手だったところが改善されたように見ていて思います。
あとは、昔は外のカーブを追いかける感じだったところ、今はそれを逆方向に強い打球を飛ばしている。そういう点でも成長していると感じています」

プロ入り直後は二刀流挑戦に対して批判的な意見が多かったものの、大谷の活躍に比例して、その声も薄れている印象。攝津氏も、大谷の二刀流挑戦に関して、こう感じているという。

「当初はそれまで二刀流でプレーをする選手がいなかったので、本当にできるのかと思いましたし、同時に怪我をするのではないかという心配もしていました。
でも、これまで肘の怪我はあったものの、ここまでやれているのは見事ですよね。小さい頃から投打共におこなっていたと思いますが、それがそのまま日本球界、そしてメジャーリーグでも続けているという感じがします」

本来あるべき姿を体現している

そんな大谷と、現役時代対戦があったという攝津氏。当時の対戦をこう振り返ると共に、大谷のある能力について話している。

「ルーキー時代からズバ抜けていましたし、そりゃあ二刀流になるわな、と言った印象でした。
初めて対戦したのは、大谷選手の1年目。その時はレフトへツーベースを打たれました。自分的には、きっちり投げることができたらほぼどのバッターでも打ち取れるという感触はあったボールなので、『こんなん打つの?』という感じですよね。これは凄い選手だなと思いました。
その後の対戦では弱点を研究し、打ち取ることができました。ただ、その時は抑えられても、次に対戦した時はその上を行かれる。短期間での彼の修正能力の高さに驚きました」

さらに攝津氏は、能力以上に、大谷が持つ1番の凄さについてこう語っている。

「大谷選手を見ていると、本当に野球を楽しんでいますよね。『職業が野球選手』という感じではない。投げて、打って、走って、守りながら野球を楽しむといった、本来あるべき姿を体現していると感じてます」

なお、攝津氏が配信するYouTubeチャンネルでは、自身が感じる二刀流のむずかしさを語っているほか、世界で活躍する大谷へエールが送られている。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]


ココカラネクスト

「大谷翔平」をもっと詳しく

「大谷翔平」のニュース

「大谷翔平」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ