大谷翔平、日本人初の4年連続20号! リーグトップタイ 松井秀喜氏に並ぶ自身5度目の“大台到達” 今季MLB最長の145m弾!

2024年6月19日(水)11時8分 ココカラネクスト

大谷が今季20号アーチを放った(C)Getty Images

 ドジャースの大谷翔平が現地時間6月18日(日本時間19日)、敵地でのロッキーズ戦に「1番・DH」で先発出場。6回の第3打席で大台到達となる20号ソロを放った。中堅バックスクリーンへ、打球速度113マイル(約181.8キロ)、飛距離476フィート(約145メートル)の豪快アーチとなった。飛距離は今季MLB最長となる。

【動画】自身5度目の大台到達!大谷翔平が4年連続の20号アーチ

 これで日本人初となる4年連続20本塁打を達成。20本塁打は自身5度目となり、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏に並んで日本選手最多の記録となった。本塁打争いでもブレーブスのマルセル・オズナと並んで、ナ・リーグトップタイとなった。

 初回の第1打席はフルカウントから二ゴロに倒れている。3回の第2打席は、一死三塁から一ゴロに打ち取られたが、その間に三塁走者が生還して1打点を挙げている。

 試合は初回に4点を先制されたが、直後にドジャースはアンディ・パヘスのソロで1点を返す。しかしその後、代打のエラウリス・モンテロの2ランなどで計7点を奪われている。

 大谷は前日の同戦で5打数3安打1打点2得点と大暴れ。死球骨折で離脱のムーキー・ベッツに代わりリードオフマンの役割を果たし、チームの勝利に貢献した。また、今季16個目となる盗塁を決めて、日本選手では松井稼頭央氏に並ぶ歴代2位タイの通算102盗塁をマークしている。

 また、ドジャース専門メディア『Dodgers Nation』は、8月28日(同29日)に本拠地で行われるオリオールズ戦で来場者に配布される予定の大谷のボブルヘッド(首振り人形)を写真を添えて紹介した。愛犬のデコピンとコラボした初のボブルヘッドとなっている。

 人気、実力ともにチームに欠かせない存在となっている大谷。試合前まで71試合に出場して打率.314、19本塁打、47打点の成績だった。きょうも2試合連続で「1番」に座って輝きを放ち、6月後半になって勢いは止まらなくなっている。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

ココカラネクスト

「大谷翔平」をもっと詳しく

「大谷翔平」のニュース

「大谷翔平」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ