アトレティコ、ロドリゴの後釜はM・ジョレンテ? “禁断の移籍”なるか

6月19日(水)3時27分 サッカーキング

アトレティコ行きが報じられているM・ジョレンテ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 アトレティコ・マドリードがレアル・マドリードに所属するスペイン人MFマルコス・ジョレンテに関心を示しているようだ。18日付のスペイン紙『アス』が報じている。

 レアル・マドリードを率いるジネディーヌ・ジダン監督はM・ジョレンテを来シーズンの構想に含めていないと報じられており、今夏中の退団が取り沙汰されていた。そこで同選手に注目したのが同じマドリードに本拠地を置く“ライバルクラブ”だという。アトレティコ・マドリードはスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデスの退団が決定的となっていることから、同選手の代役としてM・ジョレンテの獲得を熱望している模様だ。

 しかし、M・ジョレンテのアトレティコ・マドリード行きが実現するためには現時点で移籍金に問題があるという。レアル・マドリードは同選手の売却に5000万ユーロ(約61億円)を要求しているものの、アトレティコ・マドリードは4000万ユーロ(約48億円)での獲得を希望しているようだ。

 M・ジョレンテ自身はディエゴ・シメオネ監督の指導を受けたいとの思いからアトレティコ・マドリードへの移籍に前向きな姿勢を見せているという。果たして、今夏に“禁断の移籍”は実現するのだろうか。同選手の去就に注目が集まっている。

サッカーキング

「移籍」をもっと詳しく

「移籍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ