BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

【短評】マイナーチェンジを受けた日産「GT-R」に試乗 スーパーカーでピッツァを買いに行く

日本版Autoblog6月20日(火)18時0分
画像:                                                                                              【短評】マイナーチェンジを受けた日産「GT-R」に試乗 スーパーカーでピッツァを買いに行く
写真を拡大

【ギャラリー】2017 Nissan GT-R: First Drive45
日産「GT-R」のドライブが、日常的な買い物や例えばピッツァを受け取りに行くようなつまらない用事の時でさえ、どんなに楽しいものであるかを忘れていた。赤と黒のカラーリングが際立つこのクルマを、数日ほど拝借した。狂気じみたスポーツカーが次から次へと発売される時代になっても、この「ゴジラ」と呼ばれるGT-Rは今でも生き存えている。

2017年モデルでは、ライトをはじめ内外装に多くの顕著なリフレッシュが施された。フロントエンドは、フード、スポイラー、バンパーが一新され、新しくなったフォルムはさらに引き締まって見える。個人的には、なんとなくギンザメを連想した。インテリアはその素晴らしさに驚かされた。バーントオレンジのレザーとブラックのハード・パーツで仕立てられたこのクルマは、見た目も手触りもプレミアム感がある。操作系のレイアウトやメーターはシンプルだ。ドライバーはステアリングを調整するのではなく、クラスターごと上下に動かしてポジションを決める。ちょっとレースカーみたいだ。

3.8リッターV6エンジンはさらにパワフルにチューンされ、最高出力は従来の560psから570psに、最大トルク64.5kgmから65.0kgmに向上した。日産は、2009年に発表されて以来、最大規模の進化を遂げたと言っているが、まさしくその通りだ。

筆者が試乗したGT-Rは「プレミアム」モデルで、これにハンドステッチ入りレザーを含むオプションの「プレミアム・インテリア」パッケージが追加されている(4,000ドル≒約45万円)。さらに、GT-Rのロゴ入りフロアマット(295ドル≒約3.3万円)とステッカーが付いて、合計価格は115,980ドル(約1,300万円)。まったく、ハンサムな悪魔だ。以下に試乗した感想を書き連ねてみた。

・依然として人々の注目を浴びるクルマだ。デトロイトの街中ではあまりGT-Rを見掛けない。どちらかというとコルベットやヘルキャットの方が多いこの街で、GT-Rは非常に目立つ。赤いボディ・カラーがさらに迫力を強調するようだ(トップの写真は欧州でテストした際のもの。今回乗ったクルマは下のTwitterに投稿した写真でご覧いただきたい)

・エンジン音が良い。常に轟音を撒き散らす狂気的なマッスルカーのようにクレイジーではないが、スロットルを踏み込むと大音量で吠える。米国版Autoblog編集部があるビルの駐車場で、ガソリンを浪費するために試してみた。

・とにかくパワフル。しかも4輪駆動なので、つい調子に乗ってしまう。ブレーキは軽く踏むだけで強力な制動力を発揮する。ただし、ステアリングの重さだけは気になった。

・6速デュアルクラッチ式トランスミッションは、概ね合格だ。通常はスムーズにキックダウンを行う。ただし、特にブレーキを踏んだ時など、ややアグレッシブ過ぎることがある。また、急加速時にはシフトの際に大きな衝撃を発生する。

・視界は非常に良好だ。ロングフードとコクピットから離れて見えるコーナーのため、運転していて威圧感を感じない。クルマとの一体感が楽しめる。

サーキットでは乗らずに、自宅まで運転して帰った。会社で長時間の勤務を終えた後、このクルマを運転していると不思議なことに頭の中がクリアになっていく。そして私は自分からピザを買いに行くと申し出た。食べたいピザを求めて、近所にある6件以上のピザ屋を回った。GT-Rを運転していれば、まったく苦にならなかった。

というわけで、GT-Rと過ごした月曜日はとても楽しい1日となった。日産は、この象徴的なパフォーマンスカーを賢くアップデート(現代化という言葉は適切ではないかもしれない)させ、競争力を保ち続けている。それにこのクルマは、ちょっとした用事のために運転しても最高だ。

The @Nissan GT-R always delivers, even when I pick up the pizza. pic.twitter.com/r5vVfhfNBZ
- Greg Migliore (@GregMigliore) 2017年6月13日「日産 GT-Rは常にパフォーマンスを発揮する。たとえピザを買いにいく時でさえも」

By Greg Migliore

翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【BMW 特集】

■【海外レポート】『 BMW M4 CS 』強烈なオーラを発散し、その佇まいに惹き寄せられた:木下隆之
http://jp.autoblog.com/2017/06/11/bmw-m4-cs/

■【海外試乗記】BMW4シリーズマイチェン クーペ&カブリオレ ご免なさいBMW様、不肖小沢、ちと4シリーズナメてました〜!:小沢コージ
http://jp.autoblog.com/2017/06/05/bmw4-and-bmw/

■【海外試乗記】BMW M Experienceドライバートレーニングの哲学に触れると、目から鱗が落ち、感心で二の句がつけなくなる:木下隆之
Copyright(C)AOLオートブログ

はてなブックマークに保存

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「GT-R」をもっと詳しく

注目ニュース
「萌える!女子プロレス総選挙」でわかった“黄金時代”の到来 アサ芸プラス6月29日(木)17時59分
女子プロレスといえば、ビューティ・ペアやクラッシュ・ギャルズなど、周期的に大ブームを巻き起こし、90年代の団体対抗戦時代には東京ドームを埋…[ 記事全文 ]
MLB審判お手柄、飛び降りようとしてた女性助けた 日刊スポーツ6月29日(木)16時22分
大リーグのジョン・タンペーン審判(34)がお手柄だ。大リーグ公式サイトなど、複数の米メディアによると、同審判は28日午後、ピッツバーグ・P…[ 記事全文 ]
【日本ハム】新球場イメージ発表「“アジアNo.1”のボールパーク」 スポーツ報知6月29日(木)17時18分
日本ハムと日本ハム本社は29日、新球場建設構想についてのイメージ図を発表した。「“北海道のシンボル”となる空間を創造する」をコンセプトに掲…[ 記事全文 ]
フットサルで悲劇…PKを胸でストップした12歳の少年GKが死亡 サッカーキング6月28日(水)13時46分
フットサルをプレーしていた12歳のGKが、PKを胸で止めた後に亡くなった。スペイン紙『ElEspanol』が伝えている。[ 記事全文 ]
【悼む】金村義明さん「なぜ、いい男がこんなにも早く逝ってしまうのか」97〜99年西武で森慎二コーチとプレー スポーツ報知6月29日(木)7時16分
西武の森慎二投手コーチが28日、急逝した。1997〜99年に西武で一緒にプレーしたスポーツ報知評論家の金村義明さん(53)が、悲しみのコメ…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 フットサルで悲劇…PKを胸でストップした12歳の少年GKが死亡サッカーキング6月28日(水)13時46分
2 【悼む】金村義明さん「なぜ、いい男がこんなにも早く逝ってしまうのか」97〜99年西武で森慎二コーチとプレースポーツ報知6月29日(木)7時16分
3 【西武】森慎二1軍投手コーチが多臓器不全で死去、42歳スポーツ報知6月28日(水)22時58分
4 【日本ハム】新球場イメージ発表「“アジアNo.1”のボールパーク」スポーツ報知6月29日(木)17時18分
5 【西武】森慎二投手コーチ急死 42歳、24日まで通常通りブルペンを担当スポーツ報知6月29日(木)5時1分
6 “人類最速の男”のサッカー界進出が実現に!? 陸上引退後にドルトの練習参加認めるサッカーキング6月28日(水)14時54分
7 IGF、新婚のアントニオ猪木夫人相手に不当利得の返還請求訴訟スポーツ報知6月27日(火)15時9分
8 松坂、兄と慕った森慎二さん急逝に「信じられない 受け入れられてない」スポーツニッポン6月29日(木)12時28分
9 New 「萌える!女子プロレス総選挙」でわかった“黄金時代”の到来アサ芸プラス6月29日(木)17時59分
10 前田健太、渡米後“最高級”の力投にファン賛辞「復活」「アメージング」フルカウント6月28日(水)15時19分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア