クビサ「来年のことは、自分ひとりでは決められない」と主張も、ウイリアムズF1離脱の噂を否定せず

6月20日(木)8時0分 AUTOSPORT web

 ウイリアムズのロバート・クビサの個人スポンサーを務めるポーランドの石油会社『PKNオーレン』は、クビサをウイリアムズから移籍させるべく、他チームと接触したことを公に認めた。これについてクビサも、2019年シーズン末でチームを離脱する可能性を否定しないと語った。


 クビサは自身のキャリアを脅かすことになった2011年のラリー事故の後、8年の空白を経てF1への奇跡的な復帰を果たしたが、状況は厳しいものとなった。


 彼の努力はウイリアムズの不振によっても阻まれ、また今シーズンはすべてのレースにおいて、チームメイトであるルーキーのジョージ・ラッセルに遅れをとっている。


 クビサのF1復帰を支援したPKNオーレンは、彼の将来に関して「すべての可能性が検討された」と明かした。


 一方2019年限りでチームを離脱するという噂についてクビサは、「来年自分がどうなるかは、自分だけで決められることではない」と語った。


「どのような機会が生まれるのか、また自分が何をしたいのか、様子を見ることになる。疑問な点は何もないが、期待されるパフォーマンスを出すことができない場合は、何かしらの妥協がなされるかもしれない」


「今の時点でそうなるとは言っていないが、そうした状況が起こるかもしれないということだ」


 だがクビサは、ひとつひとつのレースに取り組んでいくと述べ、シーズンはまだ前半だと主張した。


「今の時点で将来のことを考えてはいない」


「自分の人生を生きてきて、うまくできたこともあれば、そうはできなかったこともある。でも僕が続けないということではない」


「すべてのことを自分で決断できないということは別として、これ以上のことをシーズンのこの段階で言うのは早すぎる」


AUTOSPORT web

「ウイリアムズ」をもっと詳しく

「ウイリアムズ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ