作本輝介が9番手から追い上げて初勝利。4レース連続ホンダが優勝奪取/全日本ロード第4戦筑波 ST1000 レース2

6月20日(日)17時26分 AUTOSPORT web

 6月20日に茨城県の筑波サーキットで開催されたMFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦筑波 ST1000クラスのレース2は、作本輝介(Astemo Honda Dream SI Racing)が優勝した。

ポールスタートの岡本裕生(bLUcRUニトロレーシング51YAMAHA)/2021年全日本ロード第4戦筑波 ST1000 レース2
ポールスタートの岡本裕生(bLUcRUニトロレーシング51YAMAHA)/2021年全日本ロード第4戦筑波 ST1000 レース2


 朝にはほぼ雨がやんだ。朝のウォームアップ走行時は小雨がぱらつくこともあったが、決勝スタート時には青空が広がっていた。

2021年全日本ロード第4戦筑波 ST1000 レース2 トップ争い
2021年全日本ロード第4戦筑波 ST1000 レース2 トップ争い


 好スタートを切ったのは渡辺一馬(Astemo Honda Dream SI Racing)。しかし渡辺は4周目に失速。大きく順位を落としてしまい、次周にピットインした。


 替わってトップに浮上したのは岡本裕生(bLUcRUニトロレーシング51YAMAHA)。その岡本に争いを挑んだのは作本。作本は5周目に岡本を捕らえてトップに浮上。あっという間に独走体制をつくり上げる。

作本輝介(Astemo Honda Dream SI Racing)/2021年全日本ロード第4戦筑波 ST1000 レース2
作本輝介(Astemo Honda Dream SI Racing)/2021年全日本ロード第4戦筑波 ST1000 レース2


 作本が逃げ切りを図った後には、岡本、榎戸育寛(SDG Motor Sports RT HARC-PRO.)が2位争いが発生。レース後半には南本宗一郎(AKENOSPEED・YAMAHA)も加わり、4台での2位争いに発展。

2番手に浮上した津田拓也(WestPower SUZUKI)/2021年全日本ロード第4戦筑波 ST1000 レース2
2番手に浮上した津田拓也(WestPower SUZUKI)/2021年全日本ロード第4戦筑波 ST1000 レース2


 11周目には津田拓也(WestPower SUZUKI)が2番手に浮上。14周目には最終コーナーで星野知也(TONE RT SYNCEDGE4413 BMW)が転倒を喫した。

優勝した作本輝介(Astemo Honda Dream SI Racing)/2021年全日本ロード第4戦筑波 ST1000 レース2
優勝した作本輝介(Astemo Honda Dream SI Racing)/2021年全日本ロード第4戦筑波 ST1000 レース2


 そして、17周目の第2ヘアピンで榎戸が転倒しマシンがコース上に残ったため赤旗が提示される。そのまま16周でレースが成立して作本がST1000クラス初優勝。津田が2位、岡本3位。ホンダ、スズキ、ヤマハが表彰台を分け合った。

2021年全日本ロード第4戦筑波 ST1000 レース2 表彰台
2021年全日本ロード第4戦筑波 ST1000 レース2 表彰台

AUTOSPORT web

「レース」をもっと詳しく

「レース」のニュース

「レース」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ