J2山口、アルゼンチンの24歳MF獲得。監督の母国から新戦力補強

6月20日(火)17時6分 フットボールチャンネル

 J2のレノファ山口は20日、新外国人選手としてアルゼンチン人のMFマルセロ・ビダルの獲得が合意に達したことを発表した。

 山口はJ2第19節を終えた時点で最下位に低迷し、J3降格の危機に立たされている。5月には上野展裕前監督が退任し、その後クラブ史上初の外国人監督となるカルロス・アルベルト・マジョール新監督が就任した。

 その監督の母国であるアルゼンチンから、新戦力も獲得することになった。ビダルは現在24歳のMFで、アルゼンチンの強豪インデペンディエンテでキャリアをスタート。その後オリンポへレンタルされ、インデペンディエンテへ復帰したあと、昨年夏からはボリビア1部のブルーミングでプレーしていた。

 ビダルの山口での背番号は24番となり、今月22日から練習に参加するとのこと。登録の規定上、J2デビューは最短で7月23日に行われる第24節のファジアーノ岡山戦となる。

フットボールチャンネル

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アルゼンチンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ