BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「ドラフト」重視の戦略へ、元G守護神の新監督に託した再出発

フルカウント6月20日(火)14時29分
画像:「ドラフト」重視の戦略へ、元G守護神の新監督に託した再出発
写真を拡大

愛媛の田室和紀・球団統括マネージャーが語る球団戦略

 四国アイランドリーグplusの愛媛マンダリンパイレーツは2017年前期リーグを11勝20敗3分け、勝率.355で終え、首位徳島インディゴソックスから10.5差の4位だった。

 かつて巨人、西武、中日で先発や抑えを務め、球団OBでもある河原純一氏を新監督に迎えた1年目。その前期シーズンについて、球団を統括する田室和紀マネージャーに聞いた。

——過去2年総合優勝していましたが、今季は一転最下位。チームの方針が変わったのですか?

「おかげさまで2015、16年は総合優勝し、2015年には独立リーグチャンピオンシップでも優勝しましたが、その反面、うちは2012年に巨人に行った土田瑞起(投手)を最後にNPBに選手を送り出していません。2013年には、金森敬之(投手)がロッテに行きましたが、彼は元日本ハムですから、ドラフトではなくNPBへの出戻りです。

 金森を入れても実質3年間、NPBに選手を輩出していない。ここにやってくる選手の第1の目標が“プロ野球に行きたい”であることを考えると、これではいけないんじゃないか、と考えたのです。今年、監督コーチに第1に期待したのはドラフトにかかるような選手を育成することでした。個々の選手の能力を上げてドラフトで指名される選手を作って、それが結果としてチーム力を上げて優勝につながるという優先順位で、再びチーム作りをリセットしたわけです」

河原監督就任の経緯、「しっかりした育成理論を持っている」

——河原純一新監督が就任するまでの経緯は?

「河原監督は、2012年から15年まで愛媛マンダリンパイレーツで投手としてプレーして引退しました。引退時にお話をうかがうと、NPB12球団の監督、コーチ業には、あまり関心を持っていなくて、もっと若い子に野球を普及したいと考えておられたんです。場所にもこだわりを持っておられなかったので、だったら愛媛でセカンドキャリアをはじめませんかとお声がけをしました。愛媛マンダリンパイレーツの親会社は、星企画という広告会社なので、その使命の一つとして野球の普及事業を担当していただくことにしたんです。

 子どもたちのソフトボール投げの記録は、全国的にもどんどん下がっていますが、愛媛県はその平均よりもさらに下になりました。子どもの運動能力の低下は深刻ですし、野球離れも進んでいます。そんな子供にボールの持ち方から教えて、野球の楽しさを教えてほしい、そういう仕事を担当していただいたんです。1年間で幼稚園だけでも何十園も回ってもらいました。経済団体などでの講演活動も含めて、幅広く活動していただきました。

 現役時代から折に触れて話をして、しっかりした育成理論を持っておられると思っていましたが、1年間の普及活動を通して、指導者として本物だと思ったので、監督をお願いしました。四国アイランドリーグplusで野球をしているのは、プロ野球に行けなかった選手たちです。そういう選手たちの殻を破るような指導ができるのではないかと思いました。NPBの選手に対する指導ではなく、一つも二つも目線を下げたところから指導ができる上に、理論を持っている。その力をうちに貸してほしい、とお願いしました」

ドラフトは「本指名でとってもらえるように」、期待のドラフト候補は…

——新体制になって3か月ですが、手応えはいかがですか?

「河原監督からも、7月いっぱいまでは2月のキャンプの延長だと思ってほしいと言われました。選手にも地味な走り込みを含めた練習をしていくから、伝えています。徹底的に基礎を鍛えていく段階でした。後期は、勝てるレベルには自然に上がっていくと思います。8月、9月には勝ちにつながっていくと思います。ただ、観客動員は、去年、一昨年に比べると苦戦しました。勝つことに慣れているお客さんは、負けが込むと来ていただけなくなります。厳しいご意見もいただいています。仕方がないところですが、この部分も努力していきます」

——愛媛にも高知のマニー・ラミレス効果はありましたか?

「来たのは1試合だけ、新居浜の球場でしたが、いつもより多くのお客さんが来られました。試合の後、マニー選手は、30〜40分もサインや記念撮影に応じていました。大したものです。本当はキャパが大きな松山の坊っちゃんスタジアムで、しっかり準備をしてマニー選手を迎えたかったのですが(笑)」

——11月のNPBドラフトに向けて期待が高まります

「うちだけじゃなくて、四国アイランドリーグplusからはNPBに多くの選手を輩出していますが、育成契約が多いんです。育成から支配下登録され、1軍の試合に出るのは狭き門です。NPBに行くことが目的ではなく、行って活躍してほしいので、育成ではなく本指名でとってもらえるような選手を育成したいと思います。

 今年のドラフトでは、四戸洋明(投手)に期待しています。四戸には、去年も育成でNPB球団から調査書が来ていたましたが、今年こそはという思いは本人も強いようで、オフの間に体重も7キロ増えてプロの体になりました。ぜひ、本指名でプロに行ってほしいです。後期は勝利を目指しつつ、人材も輩出したい。大いに期待しています」

広尾晃●文 text by Koh Hiroo

はてなブックマークに保存

最新トピックス

スポーツトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「監督」をもっと詳しく

注目ニュース
伊藤1位、高梨は失格=スキージャンプGP予選 時事通信8月18日(金)19時55分
【フレンシュタート(チェコ)時事】ノルディックスキーのグランプリ(GP)ジャンプは18日、チェコのフレンシュタートで女子個人第2戦(HS1…[ 記事全文 ]
イチローが米メディアに明かす背番号51秘話、変更の可能性と今抱く愛着 フルカウント8月18日(金)13時6分
高校時代はエース番号「1」、背番号51をつけ続ける理由とは…マーリンズのイチロー外野手といえば、背番号51がトレードマークになっている。[ 記事全文 ]
今季初めて首位発進のイ・ボミが衝撃告白!「中京テレビ—の時は、家に帰りたいと思った」 スポーツ報知8月18日(金)18時38分
◇女子プロゴルフツアーCATレディース第1日(18日、神奈川・大箱根CC=6704ヤード、パー73)2年連続賞金女王のイ・ボミが6バーディ…[ 記事全文 ]
<中間速報>石川遼は1つスコアを落し後半へ、岩田は通算4オーバーでフィニッシュ ALBA.Net8月19日(土)3時48分
<ウィンダム選手権初日◇17日◇セッジフィールドCC(7,127ヤード・パー70)>米国男子ツアーのレギュラーシーズン最終戦「ウィンダム選…[ 記事全文 ]
かつての好敵手が“安打製造機”イチローを絶賛「スピードにスランプなし」 フルカウント8月18日(金)9時6分
ジャイアンツ元救援のアフェルト、イチローのキャリアは「スピードに基づく」マーリンズのイチロー外野手が16日(日本時間17日)の本拠地ジャイ…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア