チェルシーMFマティッチ、恩師モウリーニョと再タッグを熱望か

6月20日(火)15時55分 サッカーキング

モウリーニョ監督下、コンテ監督下共に、プレミアリーグチャンピオンに大きく貢献したマティッチ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 セルビア代表MFネマニャ・マティッチが、元チェルシー監督であるジョゼ・モウリーニョ率いるマンチェスター・ユナイテッドへの移籍を望んでいると、イギリスメディア『サン』が19日に報じた。

 マティッチは、モウリーニョ監督と再度共演するためにマンチェスター・Uへの移籍を熱望しているようだ。チェルシーのアントニオ・コンテ監督も同選手の放出を容認し、同選手もチェルシーでの最後の試合を終えたかもしれないと『サン』は伝えている。

 以前チェルシーを率いたモウリーニョ監督は、マンチェスター・Uの獲得対象リストにマティッチを既に挙げているようだ。モウリーニョのマティッチへの印象は良く、2014年1月にジョゼ・モウリーニョ監督がチェルシーに復帰した際、マティッチは翌14−15シーズンのチェルシーの2冠達成に大きく貢献していた。また、マティッチも15−16シーズンはチームの低迷と共にパフォーマンスを落としたが、それでも起用してくれたモウリーニョ監督を信頼していたようだ。

 マティッチは2014年夏にチェルシーに復帰して以降、これまで公式戦に155試合出場。同クラブとの契約は、2019年6月までとなっている。

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

チェルシーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ