メルセデス・ベンツ、新型「GLE」発売 3列シート7人乗りに

6月20日(木)9時37分 財経新聞

GLE 450 4MATIC スポーツ(ISG搭載モデル)。(画像:メルセデス・ベンツ日本発表資料より)

写真を拡大

 メルセデス・ベンツ日本は、SUVの中核モデルである「GLE」をフルモデルチェンジし、6月19日に発売した。納車時期はグレードにより異なる。

【こちらも】電気でも走れるPHEVメルセデス・ベンツS560e EV航続距離は40.1km(JC08モード)

 GLEはMクラスの流れを汲むベンツのSUVである。Mクラスというのは1998年に登場したもので、「プレミアムSUV」カテゴリのパイオニアとして2015年までに3代のモデルを数え、その後GLEと名称を改めた。

 日本市場では、2015年10月のマイナーチェンジによってMクラスはGLEに改称されている。GLEという名称になったのは、Eクラスファミリーの一員としてのSUVという位置付けを強化するためであったという。

 2代目GLE(Mクラスの最初から数えれば4代目)は、内外装デザインを一新、最新技術・装備を搭載したモデルとなる。室内スペースは大幅に広くなり、シートは3列で乗車定員が7名に。またAクラスの新型に導入された、インフォテインメントシステム「MBUX」と、最新安全支援システムを備えている。

 ラインナップは、GLEでは初となる4気筒クリーンディーゼルエンジンのモデル「GLE 300 d 4MATIC」(消費税率10%計算で940万円、2019年11月以降納車予定のため)、直列6気筒クリーンディーゼルエンジンの「GLE 400 d 4MATIC スポーツ」(消費税8%込1,089万円)、直列6気筒ガソリンエンジンの「GLE 450 4MATIC スポーツ」(消費税8%込1,132万円)、以上3グレードとなっている。

 納車時期は、「GLE 450 4MATIC スポーツ」が6月19日から、「GLE 400 d 4MATIC スポーツ」が8月以降、「GLE 300 d 4MATIC」は11月以降と予定されている。

財経新聞

「ベンツ」をもっと詳しく

「ベンツ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ