クロアチア、20年ぶりの16強入り。モドリッチ「メッシに何もさせなかった」【ロシアW杯】

6月22日(金)9時0分 フットボールチャンネル

【アルゼンチン 0-3 クロアチア ロシアワールドカップ・グループリーグD組第2節】
 
 現地時間21日に行われたロシアワールドカップ(W杯)・グループリーグD組第2節で、クロアチアはアルゼンチンと対戦し3-0で勝利した。

 53分に相手GKのミスから先制点を奪ったクロアチアは終始試合をコントロールし80分にモドリッチが追加点を挙げ試合を決めると終了間際にラキティッチが3点目を挙げアルゼンチンに完勝した。

 この試合のマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれたモドリッチは「アルゼンチンはとても危険だった。メッシがボールを持った時に我々は彼に何もさせなかった。カバジェロのミスは我々を助けてくれたが、それを抜きにしてもパーフェクトな試合だった」と振り返り「決勝トーナメント進出という大きな目標を達成できた。チーム一丸となれた事が勝因だ」と1998年フランスW杯以来となる2度目の16強に入れたことを喜んだ。

 一方敗れたアルゼンチンのホルヘ・サンパオリ監督は「責任は全て私にある。今日の敗戦はとても痛い」とコメントしている。

 第2節を終了した時点で1分1敗のアルゼンチン。2014年ブラジルW杯では準優勝を果たしたチームが2002年日韓W杯以来の予選リーグ敗退の可能性も出てきた。

フットボールチャンネル

「クロアチア」をもっと詳しく

「クロアチア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ