楽天、初回だけで1時間超&両軍13得点の大乱戦制す 6点差逆転されるも3点差再逆転

6月22日(土)18時22分 フルカウント

初回だけで1時間超&両チーム13得点の乱戦、最後は楽天が制す

■楽天 11-9 DeNA(交流戦・22日・横浜)

 楽天は22日、敵地DeNA戦で11-9の大乱戦を制した。初回に6点を奪うも、その裏に7失点で逆転を許すまさかの展開。その後もリードを広げられたが、5点を奪い返して試合をひっくり返した。

 楽天は初回、茂木が二塁打、島内が適時二塁打と早々に先制点を奪取。浅村は四球の後、ブラッシュは適時二塁打、銀次は四球で満塁とし、ウィーラーが右前適時打、辰己は押し出し四球。1死も奪われず、DeNA先発の大貫をKOした。さらに、2番手・進藤から太田が適時打、2死から島内が押し出し四球。5安打4四球で6点を奪った。

 しかし、その裏に先発・古川が先頭・神里に二塁打を許した後、1死からソト、筒香、宮崎に3連続四球で押し出し。ロペスに2点二塁打を浴びると、伊藤光も四球で再び満塁とし、大和は適時打で2点差に。古川もここでKOされた。2番手・戸村は代打・楠本を空振り三振も、神里には逆転の3点二塁打を浴び、7失点で逆転を許した。

 初回の両チームの攻撃だけで1時間7分。両チーム計10安打8四球で13点を挙げる衝撃的な展開となり、投手は4人で計101球を要した。

 戸村は2、3回と無失点に抑えるも、4回は1死三塁でソトに適時打を浴びると、宮崎にも適時二塁打を許して2失点。リードを3点に広げられる。

 ところが、打線は5回にDeNA4番手の平田から2死一、二塁のチャンスを作り、渡辺佳が2点タイムリー。1点差に迫ると、7回は山下が三嶋から逆転2ラン。ついに試合をひっくり返した。8回にはブラッシュの適時打で1点を追加。救援陣は5回以降は森原、青山、ハーマン、ブセニッツ、松井とつないで無失点に抑えた。

 DeNAは初回に6点差を逆転し、その後は3点差までリードを広げられながら、痛恨の逆転負け。連勝はならなかった。

 初回だけで1時間7分を要したゲームは結局、4時間7分で終了した。(Full-Count編集部)

フルカウント

「楽天」をもっと詳しく

「楽天」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ