エンバペ、PSGに約1億ユーロを要求…4月から給料とボーナス未払いか

2024年6月22日(土)16時32分 サッカーキング

PSGとの金銭トラブルが報じられるエンバペ [写真]=Anadolu via Getty Images

写真を拡大

 今夏、パリ・サンジェルマン(PSG)からレアル・マドリードにフリー移籍するフランス代表FWキリアン・エンバペが、未払いのサラリーをめぐってPSGと対立しているようだ。21日、フランス紙『レキップ』や同国メディア『RMC』が報じた。

 報道によると、エンバペは4月以降の給料とボーナスが未払いだとして、PSGに契約満了日の6月30日までにおよそ1億ユーロ(約171億円)を支払うよう催促しているとのことだ。PSGの関係者は「両者の交渉は続いている」として、まだ法的な問題に発展していないことを強調している。しかし、エンバペ側は裁判の準備を進めている模様だ。

 2022年夏、レアル・マドリードへの加入目前から一転して、PSGが提示した破格の待遇で契約延長を受け入れたエンバペ。2025年夏までの1年の延長オプションが付帯していたが、行使されることはなく、同選手は今年5月10日にPSGからの退団を発表した。6月3日に5年契約でのレアル・マドリード加入が決まった後、エンバペは「PSGから『今季はプレーさせない』と暴力的に言われた。ルイス・エンリケ(監督)とルイス・カンポス(SD/スポーツディレクター)が僕を救ってくれた。彼らがいなければ、ピッチに戻ることはできなかった。それが真実だ」と語り、退団発表後にPSG上層部からの「抑圧」を受けていたことを明かしていた。

サッカーキング

「PSG」をもっと詳しく

「PSG」のニュース

「PSG」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ