町田が首位ターン! 神戸を下したG大阪、鹿島と勝ち点で並び次節直接対決へ/J1第19節

2024年6月22日(土)21時12分 サッカーキング

J1第19節の9試合が22日に行われた [写真]=金田慎平、 兼子愼一郎、清原茂樹、J.LEAGUE

写真を拡大

 2024明治安田J1リーグ第19節の9試合が22日に行われた。

 首位FC町田ゼルビアは、アビスパ福岡の堅守を攻略できずにスコアレスドロー。敵地で浦和レッズと対戦した2位鹿島アントラーズは、鈴木優磨の2ゴールで2点を先行したものの、後半に武田英寿の2ゴールを許して追いつかれ、町田との勝ち点差「2」を縮めることはできなかった。

 3位と4位の直接対決となったガンバ大阪vsヴィッセル神戸は、70分にウェルトンの左足がさく裂してG大阪が先制。オウンゴールでリードを広げると、終盤にPKで1点を返されたものの、G大阪が逃げ切って5連勝を達成した。G大阪は鹿島と勝ち点「37」で並び、次節の直接対決に臨む。

 サンフレッチェ広島は33分にドウグラス・ヴィエイラが挙げた1点を守り切り、敵地で柏レイソルを撃破。神戸との勝ち点差を「1」に縮めた。敵地で湘南ベルマーレと対戦したFC東京は、79分に徳元悠平がミドルシュートを突き刺し、1−0で勝利した。

 アルビレックス新潟と川崎フロンターレは壮絶なドロー決着。前半に主導権を握った川崎Fは17分にマルシーニョが先制点を挙げる。一方の新潟は61分に藤原奏哉がこじ開けて同点ゴール。さらに後半アディショナルタイム7分、鈴木孝司が勝ち越し点を挙げたものの、その4分後に山田新のゴールで川崎Fが追いつき、勝ち点「1」ずつを分け合った。

 東京ヴェルディは52分に翁長聖が沈めた見事なループシュートによる1点を守り切り、ホームで名古屋グランパスを撃破。ホームにセレッソ大阪を迎え撃ったジュビロ磐田は、53分に松原后の狙い澄ましたミドルシュートで先制したものの、76分にレオ・セアラの今季14得点目を許して追いつかれ、勝ち点「1」ずつを分け合った。

 サガン鳥栖は京都サンガF.C.とのシックスポインターマッチを制して4試合ぶりの白星を挙げた。マルセロ・ヒアンが58分と60分に立て続けにゴールネットを揺らすと、76分に長沼洋一がリードを広げ、3−0で勝利。京都との勝ち点差を「3」に広げた鳥栖は、湘南をかわして17位に浮上した。
 
 今節の試合結果と暫定順位表、次節の対戦カードは以下の通り。

■J1第19節
▼6月22日(土)
FC町田ゼルビア 0−0 アビスパ福岡
東京ヴェルディ 1−0 名古屋グランパス
アルビレックス新潟 2−2 川崎フロンターレ
ジュビロ磐田 1−1 セレッソ大阪
ガンバ大阪 2−1 ヴィッセル神戸
浦和レッズ 2−2 鹿島アントラーズ
柏レイソル 0−1 サンフレッチェ広島
湘南ベルマーレ 0−1 FC東京
サガン鳥栖 3−0 京都サンガF.C.

▼6月23日(日)
14:00 北海道コンサドーレ札幌 vs 横浜F・マリノス

■順位表
※()内は勝ち点/得失点差

1位 町田(39/+15)
2位 鹿島(37/+11)
3位 G大阪(37/+7)
4位 神戸(33/+12)
5位 広島(32/+16)
6位 FC東京(30/+3)
7位 C大阪(29/+5)
8位 福岡(29/+2)
9位 名古屋(27/0)
10位 東京V(27/−2)
11位 浦和(26/+3)
12位 横浜FM(23/+2)
13位 柏(22/−8)
14位 川崎F(21/−1)
15位 新潟(21/−4)
16位 磐田(20/−4)
17位 鳥栖(17/−6)
18位 湘南(15/−10)
19位 京都(14/−19)
20位 札幌(11/−22)

■第20節の対戦カード
▼6月26日(水)
19:00 鹿島 vs G大阪
19:00 FC東京 vs 札幌
19:00 川崎F vs 湘南
19:00 磐田 vs 東京V
19:00 名古屋 vs 浦和
19:00 京都 vs 柏
19:00 C大阪 vs 鳥栖
19:00 神戸 vs 町田
19:00 広島 vs 新潟
19:00 福岡 vs 横浜FM

サッカーキング

「首位」をもっと詳しく

「首位」のニュース

「首位」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ