えっ? 大谷翔平は一体、何をしているのか…!? “謎の動き”で走る姿が話題に「速すぎるけどもw」「セルフセーフ?」

2024年6月23日(日)23時30分 ABEMA TIMES

【MLB】ドジャース2-3エンゼルス(6月21日(日本時間(6月22日))          

【映像】大谷、“謎の動き”で走る

6月21日(日本時間(6月22日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース対ロサンゼルス・エンゼルスの一戦で、ドジャース・大谷翔平のランニングが、野球ファンの間で話題となっている。

2-2の同点で迎えたこの試合の8回裏・ドジャースの攻撃、1死走者なしの場面で打席に立った大谷は、カウント1-0からの2球目、真ん中高めの変化球を打ちに行くも、打球はマウンド上のエンゼルス5番手ルイス・ガルシアのすぐ右へと飛ぶ低い弾道のライナーに。これがガルシアの差し出したグラブに当たり、セカンドのマイケル・ステファニックの前へと転がるボテボテのゴロとなったことから、大谷は一塁目掛けて全力疾走。ボールを広げたステファニックからも良い送球がなされたものの、大谷の足がわずかに勝ってセーフに。その際に大谷は、まるで空気の抵抗を使ってブレーキでもかけているかのように、両腕をピタリと身体につけ、手首から先を外側に向けたポーズでストップをかけるという、ユニークな姿を披露することとなった。

こうした大谷の内野安打と、ユニークな走塁シーンに、日米の野球ファンも大注目。ネット上の野球ファンからは「えっ?」「速すぎるけどもw」「セルフセーフ?」「かわいいは正義」「ペンギンみたいやなw」「パラシュートで止まるみたいなやつ?」「大谷さんだと意味があるように見えてしまうわw」「結局のこのポーズは何の意味があるんだ?w」といった様々な反響が巻き起こっている。

(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

ABEMA TIMES

「大谷翔平」をもっと詳しく

「大谷翔平」のニュース

「大谷翔平」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ