川島永嗣、運命のエクアドル戦は「一番やりづらい。ウルグアイ戦以上に大事」【コパ・アメリカ】

6月23日(日)10時35分 フットボールチャンネル

 コパ・アメリカ2019(南米選手権)に出場している日本代表は22日、グループステージ最終節のエクアドル戦に向けてトレーニングを行った。GK川島永嗣は、次のゲームが最もやりづらい相手になると分析している。

 第2節のウルグアイ戦でビッグセーブを魅せた川島だが、「自分うんぬんよりチリ戦をふまえて今のチームで今の自分に何ができるかだと思うので、終わっても自分のパフォーマンスがどうだったとかということはそんなに考えない。チームとして良いパフォーマンスができたっていうのが一番だと思います」と語り、個人のできにはほとんど関心がないという。それよりも、「エクアドル戦はウルグアイ戦以上に大事なゲームになるので、今はもうそっちにフォーカスしている」とのことだ。

 ここまでエクアドルは2戦2敗。しかし川島は、「今までで一番やりづらい相手になると思う」と考えている。「身体能力が高いですし、アバウトにやってくるところがあると思うので、そういうところで自分たちの対応力が求められる。そういう意味で難しさが出るゲームになるんかないかなと思います」と述べた。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

「川島永嗣」をもっと詳しく

「川島永嗣」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ