エクアドル戦はセットプレーも鍵に。冨安健洋「チーム全体で得点を目指す」【コパ・アメリカ】

6月24日(月)14時47分 フットボールチャンネル

 コパ・アメリカ2019(南米選手権)に出場中の日本代表は、現地時間24日に行われるグループリーグC組最終節の試合でエクアドル代表と対戦する。決勝トーナメント進出の懸かる一戦では、セットプレーの対応も重要な鍵を握ることになるかもしれない。

 エクアドルはウルグアイに0-4で大敗した初戦でCKから2失点。1-2で敗れた第2節のチリ戦でも序盤にCKから先制点を奪われており、日本代表にとっても大きな得点チャンスとなる可能性がある。

「チームとして取れればいいかなと思ってます。僕もそんなにセットプレーから得点を取れるタイプではないので、みんなでCKだったりFKの時にブロックしたりとか色々工夫しながらチーム全体で得点を目指すことができれば」とDF冨安健洋はエクアドル戦に向けてコメントしている。

 だが日本代表も同じく、チリ戦とウルグアイ戦でいずれもCKからのゴールを奪われている。「僕らも1試合目2試合目とやられているので。そこはスキを見せずに、僕らが逆につかないといけないなと思ってます」と冨安はセットプレーに対する守備の改善も意識している。

 セットプレーからの失点の多さは、日本代表にとって以前の世代から続く課題でもある。GK川島永嗣は「とにかく失点しないようにどういう形でそれを修正していけるのか。最後ついていくところはついていくとか、最後やらせないとか、CKを少なくするとか、インテリジェンスにやらなきゃいけない部分もあるのかなと思います」と課題の修正に向けたポイントを指摘した。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

「エクアドル」をもっと詳しく

「エクアドル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ