自動運転機能がさらに進化した『メルセデス・ベンツ Sクラスクーペ/カブリオレ』

6月25日(月)17時54分 AUTOSPORT web

 現行で6代目となるW222型『メルセデス・ベンツ Sクラス』が刷新されたのにあわせて、その2ドア派生モデルである『Sクラスクーペ』ならびに『Sクラスカブリオレ』にも新型が登場。Sクラスセダンと同等の最新の安全運転支援システムやテレマティクスサービスを導入し、6月20日から発売開始となっている。


 この『Sクラスクーペ』は、Sクラスセダンと同様「最高の自動車」を目指して開発され、時代の最先端をいく「インテリジェントドライブ=知能を備えた革新的テクノロジー」と「モダンラグジュアリー」の融合をコンセプトに、安全性と快適性、効率性など自動車に求められる、あらゆる要素を高次元で究めた最高級スポーティクーペと謳われている。


 また同様に『Sクラスカブリオレ』は、そのクーペモデルをベースに2016年にW111以来44年ぶりに復活した、ラグジュアリー4シーターオープンモデルとなっている。


 この両車は先のモデルチェンジで最新の9速AT、9Gトロニックや最新の安全運転支援機能(ADAS)を採用したSクラスセダンにならいモデルチェンジ。


 官能的でダイナミックなデザインはそのままに前後デザインを刷新し、フロントには大型のエアインテークを備えたバンパーを採用しワイドでスポーティな印象を強めたほか、AMGラインをチョイスすると左右のエアインテーク部がさらにダイナミックなデザインとなり、クローム加工を施した2本のフィンが装着されるなど、よりアグレッシブな装いとなった。


 そしてヘッドライトには、片側47個のスワロフスキークリスタルを組み込んだ専用LEDハイパフォーマンスヘッドライトを採用し、丸みを持つ円柱状の30個のクリスタルをウインカーに、さらに17個のカットクリスタルをポジショニングライトに配置し、揺らめく炎状の輝きがラグジュアリーな表情を醸し出している。


 一方のリヤも、非常に薄い有機物の層をガラスプレートに印刷した片側33枚の有機ELパネルをリアコンビネーションランプを採用。ランプ内で光が浮いているような先進的なデザインとしたうえで、解錠/施錠時にはリアコンビネーションランプの各ランプが流れるように点灯する“カミングホームファンクション機能”も備えられた。


 さらにこの有機ELリアコンビネーションランプは全方向に均一な発光をするほか、周囲の状況に合わせて照度を調整するなど、機能性も兼ね備えている。

AMGモデルとなるS63 4MATIC+、S65にはパナメリカーナグリルを採用


 また、ラグジュアリーモデルとして重要度の高いインテリアは、美しいカーブを描くダッシュボードからドア、シートまで流れるような一体感のあるデザインコンセプトを継承しながら、大型のコックピットディスプレイやタッチコントロールボタン付のマルチファンクションステアリング、カラーがゆっくりと変化し続けるマルチカラーアニメーションを搭載したアンビエントライト(64色)などの豪奢な装備がおごられている。


 また、5つのプログラムから選択することで、音楽や空調、アンビエントライトやリラクゼーション機能を統合的にコントロールすることが可能な“エナジャイジングコンフォート”の新機能も装備された。


 そしてSクラスセダンにも機能が追加されたインテリジェントドライブの面では、レーダーセンサーやステレオマルチパーパスカメラ、超音波センサーにより自車の周囲をつねに監視する複合的なセンサーシステムにより、再発進機能のついたACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)に、車線が不明瞭な場合や検知できない場合でも周囲の車両やガードレール等を検知するステアリングアシストや、ウインカー操作で車線変更を行う機能を備える。


 さらに緊急時のステアリング操作をアシストする『緊急回避補助システム』、衝突時の衝撃音から乗員の耳を保護する『PRE-SAFEサウンド』などの新機能を採用したほか、歩行者に加え交差点での車両飛び出しにも自動緊急ブレーキが作動する『アクティブブレーキアシスト(歩行者飛出し検知機能付)』も備わり、全方位の安全性を高い次元で実現した。


 その他、コーナリング時にバイクのライダーのように車体を内側に傾ける(最大2.65°)ことで、乗員に働く横加速度を軽減し、より安定した爽快なコーナリングを実現するダイナミックカーブ機能を含む“マジックボディコントロール”も引き続き用意されている。


 クーペは3リッターV6直噴に4MATICを組み合わせたS450 4MATICから、AMGの4リッターV8を積むS63 4MATIC+、6リッターV12ツインターボのS65までそろい、価格は1508万〜3310万円。カブリオレはS560とAMGの2モデル展開で2175万〜3470万円となっている。

24時間コンシェルジュサービスなどのテレマティクス、Mercedes me connectは前者に標準装備


メルセデスコール:0120-190-610

メルセデス・ベンツ日本ウェブサイト:http://www.mercedes-benz.co.jp


AUTOSPORT web

「ベンツ」をもっと詳しく

「ベンツ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ