川島永嗣「自分のミス」。1失点目は「想像したようなプレーではなかった」【ロシアW杯】

6月25日(月)6時46分 フットボールチャンネル

【日本 2-2 セネガル ロシアワールドカップ・グループリーグH組第2節】

 日本代表は現地時間24日、ロシアワールドカップ・グループリーグH組第2節でセネガル代表と対戦し、2-2で引き分けた。

 もったいない失点だった。前半立ち上がりの11分、相手シュートに反応した川島永嗣はキャッチではなくパンチングで処理しようとしたが、跳ね返りがマネに当たってゴールを献上した。「自分が想像したようなプレーではなかった」と言う川島は、「自分のミスで失点してしまったので、かなりゲームを難しくしてしまったなと思います」と反省を口にした。

 それでも、チームは2度のビハインドを追いついてドロー。「最後はチームメートのおかげで引き分けに、こういう形に持ってこられたのは良かった」と、背番号1は胸を撫で下ろした。川島は失点に直結するミスを犯したが、好セーブも見せている。「試合はまだまだ時間もあったし、そういう意味で頭の中を切り替えなければ」と動揺することなく残りの時間を戦った。

 最後まで粘り強く戦ったチームについては「前半もしっかり落ち着いて相手の出方をみて、自分たちもいい展開ができたていたと思う。2点目を取られてからも、勝ちに行こうという姿勢が見せられたのでは」と振り返った。

 悔やまれる失点を喫した川島だが、その後は落ち着き、チームも勝ち点1を得た。グループ最終節のポーランド戦もピッチに立つなら、今回のミスを払拭するようなパフォーマンスを披露したいところだ。

フットボールチャンネル

「川島永嗣」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「川島永嗣」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ