上田綺世、悔やまれる決定機。「僕の力が足りなかった」【コパ・アメリカ】

6月25日(火)22時0分 フットボールチャンネル

 コパ・アメリカ2019(南米選手権)グループリーグC組第3節、日本代表対エクアドル代表の試合が現地時間24日に行われ、1-1の引き分けに終わった。後半途中からの出場となったFW上田綺世は何度も決定機があったものの、今大会ノーゴールに終わった。

 エクアドル戦を振り返って上田は「途中から入る理由として、チームの流れを変えたいというのが、得点も含めてチームをプラスの状況にするというのがまずあるということを伝えてもらって、それを全うすると同時に、チームを、得点という形も含めて救うことが求められましたけど、それができなくて、ちょっと悔しいです」と反省を口にしている。

 コパ・アメリカでの収穫について上田は「良く言えば、この環境で、これだけチャンスを作って、自分のストロングで勝負する、客観的に見たチャンスを、このタイミングで出て自分の力不足を知れたことはよかったと思います」と話した。

 また東京五輪へ向けて、南米勢と戦えたことについて聞かれた上田は「五輪は別に、僕は今意識していないので。この大会で外したから、次の五輪までにはとかそういう形ではなくて、僕のサッカー選手のキャリアとして、コパアメリカで点を決められなかったこと、あれだけチャンスがあって、仕事ができなかった悔しさというのは、この先続いていくキャリアで絶対に忘れられないことになるし、こんなに自分が外して無力感を感じることもたぶん日本にいたらないと思うので」と話し、悔しさをにじませつつ、先を見据えている。

 ブラジルの地で貴重な経験をした上田の今後に期待したい。

フットボールチャンネル

「上田綺世」をもっと詳しく

「上田綺世」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ