【ハーフタイム速報】中島翔哉が先制も、ミスから失点。日本対エクアドルは一進一退【コパ・アメリカ】

6月25日(火)8時47分 フットボールチャンネル

【日本 1-1 エクアドル コパ・アメリカ2019 C組第3節】

 コパ・アメリカ2019(南米選手権)のグループリーグ第3節が現地24日に行われ、日本代表とエクアドル代表が対戦している。

 2-2で引き分けたウルグアイ戦から3日間の準備を経ての大一番。勝てばグループリーグ突破が決まる。森保一監督は、前日記者会見での「ウルグアイ戦がベースになる」という宣言通り、その試合から先発を1人だけ変更した。

 GKの川島永嗣以下、右から岩田智輝、植田直通、冨安健洋、杉岡大暉、セントラルMFに柴崎岳と板倉滉、右サイドMFに三好康児、左サイドMFに中島翔哉、1トップに岡崎慎司は変わりなし。トップ下にはウルグアイ戦の安部裕葵に代わって久保建英が起用された。

 一進一退の攻防を繰り広げていた中、先に試合を動かしたのは日本だった。15分、中盤でボールを受けた久保から中島へとつなぎ、巧みな動き出しで相手ディフェンスラインの背後に動き出した岡崎へスルーパス。これは飛び出してきたGKにクリアされるが、こぼれ球を中島が遠目から押し込んでゴールネットを揺らした。

 だが、一度は副審の旗が上がりオフサイドの判定。それでも最終的にはVARからの助言によりオフサイドがなかったことが認められ、判定も覆って中島のゴールと記録された。

 その後はエクアドルにボールを握られ、攻め込まれる時間帯が続く。すると35分、ついに日本はゴールをこじ開けられた。左サイドからハイクロスを上げられると、ペナルティエリア内での処理にミスが出る。それを逃さなかったロマリオ・イバーラのシュートは川島が必死に左腕を伸ばして弾いたものの、アンヘル・メナに詰められてしまった。

 エクアドルの身体能力を生かした強く速い攻めに苦しめられたが、日本は追加点を許さず。40分には中央をドリブルで突破した中島が長めのループシュートを狙うも、ゴールの上に逸れた。前半アディショナルタイムには三好もミドルシュートでの大きなチャンスを生かしきれなかった。

 日本対エクアドルは前半を1-1で終えた。日本が決勝トーナメント進出のためには、後半にさらなるゴールが必要となる。

【得点者】
15分 1-0 中島翔哉(日本)
35分 1-1 アンヘル・メナ(エクアドル)

フットボールチャンネル

「エクアドル」をもっと詳しく

「エクアドル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ