板倉滉、柴崎岳とのコンビで多くの経験を得る。「やりやすい」「落ち着きも作れる」【コパ・アメリカ】

6月25日(火)17時0分 フットボールチャンネル

 コパ・アメリカ2019(南米選手権)グループリーグC組第3節、日本代表対エクアドル代表の試合が現地時間24日に行われ、1-1の引き分けに終わった。スタメン起用となったMF板倉滉はMF柴崎岳とのコンビで学んだことが多かったようだ。

 前節のウルグアイ戦に続いて先発となった板倉は「前回は入りのところで少しバタついたっていうのはありましたけど、そこはあの1試合経験したことで落ち着いて入れるなと自分の中で思ってたし、でもなるべく相手の嫌なところに立ってボールを沢山受けてリズム作れるようにと思って入りました」と話し、前回よりは落ち着いて試合に入れたようだ。

 エクアドルについて板倉は「結構相手のボランチが僕と岳君のところに食いつく形だったので、もちろん自分が受けることも考えつつ、その相手を引き付けて、その奥の建英だったり、翔哉君、岡さんのところが空いてたのが見えていたので、うまく自分が(自分に)マークついてる相手をどかして、そこにパスコース作ろうって意識はしてました」と話した。

 また、ボランチを組んだ柴崎については「まあでも自分のポジション見て岳君もすごい気を使ってポジション取ってくれてたので、すごいやりやすさはあったし、やっぱりあれだけ試合の状況判断だったり、チーム全体のことを考えてポジション取ってくれる選手が1人いると、あそこで落ち着きも作れるしってところを見習わないとというか、ああいうふうにならないとってことは感じましたね」と話し、先輩・柴崎から学ぶことが多かったようだ。

 板倉は今大会の経験を東京五輪につなげることはできるだろうか。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル

「柴崎岳」をもっと詳しく

「柴崎岳」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ