日本、2分1敗でGS敗退が決定…中島のゴールで先制もエクアドルとドロー

6月25日(火)9時55分 サッカーキング

[写真]=Getty Images

写真を拡大

 コパ・アメリカ グループステージ第3節が25日に行われ、日本代表とエクアドル代表が対戦した。

 勝てばグループステージ突破が決まる日本は15分、岡崎慎司がスルーパスに抜け出すと、相手GKがエリアを飛び出しクリア。これを中島翔哉が拾うと無人のゴールへ突き刺した。岡崎が抜け出したシーンでオフサイドが疑われるもVARの末、中島の今大会初ゴールが認められ日本が先制した。

 しかし、35分にシュートのこぼれ球をアンヘル・メナに押し込まれ、エクアドルが同点に追いついた。

 後半に突入するとエクアドルが猛攻を仕掛け、日本がしのぐ展開に。そのまま両者決め手を欠き、1−1で試合終了。この結果、日本(勝ち点2、得失点差-4)はグループC3位に終わるも、グループA3位のペルー(勝ち点4、得失点差-3)、グループB3位のパラグアイ(勝ち点2、得失点差-1)を下回り、グループステージ敗退となった。

【スコア】
エクアドル代表 1−1 日本代表

【得点者】
0−1 15分 中島翔哉(日本)
1−1 35分 アンヘル・メナ(エクアドル)

【スターティングメンバー】
日本代表(4−2−3−1)
川島永嗣;杉岡大暉、植田直通、冨安健洋、岩田智輝;板倉滉(88分 前田大然)、柴崎岳、中島翔哉、三好康児(83分 安部裕葵)、久保建英;岡崎慎司(66分 上田綺世)

サッカーキング

「エクアドル」をもっと詳しく

「エクアドル」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ