サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ポルーニンが軽ハンデを生かす」

6月27日(木)17時56分 アサ芸プラス

 先の函館開催に続き、今週から福島競馬が始まる。中央場所が休みに入り、本格的な夏のローカル競馬がスタートを切る。

 その福島開催の開幕週のメインがこれ、ラジオNIKKEI賞である。3歳馬によるハンデ戦。つかみどころがない、馬券的には難解な一戦だ。

 この重賞のたびに書いているため、くどいようで申し訳ないが、まだ成長途上の段階にある3歳馬に、これまでの実績を主に評価したうえでハンデを付けるのは、多少、無理筋では?と思えるのだが、いかがだろう。

 むろん、この時期になれば各クラス、古馬との混合戦になっており、3歳馬のみのハンデ戦は、この重賞だけ。だからおもしろく、価値があるレースという指摘があって当然だが、しかしこの時期の3歳馬は日々成長しており、驚くような変わり身を見せることが多々ある。それを見破ることは、厩舎関係者さえ至難なことなのである。

 競馬自体は、小回りの福島。しかも多頭数の争いになることが多く、見応え十分で、馬券的には、なかなかおもしろいのは確かだ。

 この重賞に馬単が導入されたのは02年。それ以降、これまでの17年間、その馬単による万馬券は5回(馬連3回)。そう大きく荒れていないように見えるが、1番人気馬は3勝(2着2回)、2番人気馬は6勝(2着2回)。1、2番人気馬のワンツー決着は2回のみで、やはり簡単に人気サイドでは決まりにくい重賞なのである。

 今年も全幅の信頼を寄せきれそうな馬は見当たらない。どの馬が勝ち負けしても納得してしまいそうで、毎度のことながら、馬券的には難解な一戦である。

 この時期の3歳馬同士のハンデ戦は無理筋と書いたが、それでも斤量54キロ〜56キロの馬が、ほぼ連絡みしている。過去17年間で54キロ=8勝(2着4回)、55キロ=3勝(2着6回)、56キロ=3勝(2着3回)という具合だ。このことは頭に入れておくべきだろう。

 いずれにしても悩むが、穴党として狙ってみたいのは、ポルーニンだ。

 目下、未勝利、500万平場(現1勝クラス)を連勝中。前走は減量騎手(武藤雅)による僅差の勝利だったが、それでも、しまいの脚は光っていた。馬群を縫っての追い込みで、ラスト1ハロンはとにかく鋭く、33秒1と最速の上がり脚だった。

 2着馬とクビ差とはいえ価値ある好内容で、強敵相手のここでも十分通用するものとニラんでいる。

 陣営としても素質を見込んでの挑戦だ。

「ここにきて心身ともに成長し、たくましくなった。ハンデ戦でもあり、そう差はない」

 と、厩舎スタッフは口をそろえ、ヤル気をにじませる。

 中間の稽古の動きも素軽く、好気配。さらに良化していることは明らか。平場の前走が55キロだったことを思うと、ハンデは恐らく53キロ止まりだろう。54キロ〜56キロの馬がよく連絡みしていると前述したが、ハンデは軽いに越したことはない。

 祖母のレンドフェリーチェは03年の紫苑Sの勝ち馬で、近親、一族にフェアリーフットステップス(英1000ギニー)、ライトキャヴァルリー(英セントレジャー)ほか、活躍馬が多くいる良血。

 平坦コースの福島なら、持ち味である切れる末脚がより生きるというもの。よほどの道悪にならないかぎり、好走必至とみた。

アサ芸プラス

「ハンデ」をもっと詳しく

「ハンデ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ