アトレティコ、J・フェリックス獲得へ史上4番目の移籍金155億円を提示

6月27日(木)18時3分 サッカーキング

アトレティコ・マドリードがオファーを提示したフェリックス [写真]=Getty Images

写真を拡大

 ベンフィカは26日、アトレティコ・マドリードからポルトガル代表FWジョアン・フェリックスへの獲得オファーが届いたことを発表した。

 アトレティコ・マドリードは同選手の契約解除金として設定されている1億2000万ユーロを600万ユーロ上回る、1億2600万ユーロ(約154億6500万円)を移籍金として提示したとのこと。この条件で移籍が実現した場合、パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールとフランス代表FWキリアン・ムバッペ、バルセロナのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョに次ぐ史上4番目に高額な移籍金となるとスペイン紙『マルカ』は伝えている。

 現在19歳のJ・フェリックスは、今シーズンのプリメイラ・リーガ(ポルトガル1部リーグ)で26試合に出場し15ゴール9アシストを記録。2シーズンぶりとなるベンフィカのリーグ制覇に大きく貢献していた。

サッカーキング

「移籍」をもっと詳しく

「移籍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ