【RIZIN】優勝は「最低条件」プレッシャーを抱えながら臨んだ白鳥大珠がトーナメントを振り返る

6月28日(月)19時2分 ココカラネクスト

 格闘技イベント「RIZIN.29」が27日、丸善インテックアリーナ大阪で開催された。今大会メインイベントとして行われた、4選手による「ワンナイトトーナメント」では、決勝戦を皇治と戦い3-0の判定勝ちをおさめた白鳥大珠が優勝を飾った。

試合後、白鳥は自身のYouTubeを更新。改めて今大会を振り返るとともに、自身の思いについて語った。

プレッシャーはあった。今回負けたら、俺後ないなって


プロで1日2試合行ったのは初めてだったという白鳥。「疲れましたね」と率直な感想を口にしながらも、その表情は晴れやかなものだった。

自身2連敗という中で迎えた今トーナメント。優勝候補筆頭として掲げられていた白鳥だったが、その一方で相当なプレッシャーもあったという。

「1回戦勝った時に、それまでの連敗から脱出したという解放感がありました。連敗って本当きついんですよ。このトーナメントも絶対負けられないじゃないですか。今回負けたら、俺後ないなって思っていたので。髙橋(亮)くんとの戦いも、正直プレッシャーはありましたね。でもなぜか緊張はせずにリラックスできたんです。なので、集中力は高かったと思いますね」

1回戦では、1RKO勝ちと圧倒的な力の差を見せつけ決勝へ勝ち上がった白鳥。だが、もう一方の皇治VS梅野源治の試合では、偶発的なバッティングにより梅野が試合続行不可能に。試合はノーコンテストとなり、協議の結果、皇治が決勝進出となった。

互いに不本意な形での決勝戦とはなったものの、試合は白鳥が3-0判定勝ちをおさめ、見事優勝。

決勝戦では、打たれ強いとされる皇治からダウンを奪うなど、力の差を見せつけた白鳥。一方の皇治も、ダウンを奪われたものの、前に出る姿勢を貫き、3Rを戦い抜く流石の戦いぶりをみせた。

これには白鳥も、

「皇治選手はタフでした。皆さん皇治選手を打たれ強いと言っていますが、確かにそれはあると思います。でもそれ以上に気持ちだと今日戦って感じましたね。
体的にはダメージがあるのに最後まで前に出てきていた。あれは気持ちの強さだと思います」

と、皇治の気持ちの強さについて感心していた。

最低条件の優勝は果たしたものの、「悔しい」

今回の優勝は、自分の中では「最低条件」だったと話す白鳥。それゆえ、トーナメント優勝で嬉しさがある反面、悔しさも残るという。

「試合前から、圧倒すると言っていたじゃないですか。その点で決勝は悔しいです。(相手を)入らせないという技術がまだちょっと足りなかったですね。今回の僕の中でのテーマは『強さを見せつける』だったので、正直悔しいです。これまで連敗をしていて、ファンからも『弱いんじゃないか』というイメージも持たれていたと思うので。そこを覆してやりたいなという思いはありました。1Rでダウンを奪いましたし、効いていたのはわかっていた。そのまま倒したかったですね。ただ、皇治選手は今まで戦ったことのなかったタイプでしたし、こういう経験を経てまた強くなっていくのかなと思います。」

総合格闘技の試合でキックボクサーがメインを戦うというのは、これまで那須川天心に次いで2人目と、極めて異例。
これについて白鳥は、こうコメントする。

「RIZINのメインで戦えたことは本当に嬉しかったですね。なかなかないことじゃないですか。光栄なことですよ。なので本当はバチっとKOして会場を湧かせてベルト巻いてポーズ決めたかったんですけどね・・・」

今回優勝者に送られたチャンピオンベルトは、これまでのものと比べ斬新なデザイン。ファンの間では「仮面ライダーベルト」と話題になっていた。

自身も、初めてベルトを目にした際、仮面ライダーを思い浮かべたという白鳥。優勝後にはリング上で「仮面ライダーポーズ」をみせたが、それについては

「前日の夜に、YouTubeで『仮面ライダー 初代』って検索してポーズのシュミレーションをしたんですよ。やっぱり初代が1番いいかなって思って」

と、「予行練習」をしていたことも明かした。

試合後には自身の名前がツイッターにトレンド入りするなど、大きな反響を呼んだ白鳥。これについては

「少なからず僕も盛り上げられたかなとは思います。前から、試合を盛り上げたいと思っていたし、そのためにトーナメントへの参戦を決めたところもあったので。少しでも盛り上がっていただけたなら嬉しいですね」

と今回の盛り上がりへの感心をあらわにした。

試合が終わり、今後やりたいことについて聞かれると

「甘いものと肉、クレープを食べたいですね。本当はバカンスにいきたいんですけどね。状況が状況なので、とりあえずゆっくり休みます」

と話した白鳥。

改めて今回応援してくれたファンに対し

「今回は応援ありがとうございました。今後ももっともっと強さをみせて盛り上げていきたいし、自分ももっとガツっと成り上がっていきたいと思っているので、これからも応援よろしくお願いします」

とメッセージを口にし、最後はチャンピオンベルトを巻いた「仮面ライダーポーズ」で動画を締めた。

なお、戦前の会見で皇治からもらった「例のカバン」については、今後YouTubeでプレゼント企画を検討しているという。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]


ココカラネクスト

「白鳥」をもっと詳しく

「白鳥」のニュース

「白鳥」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ