ベテラン川島&岡崎が代表復帰で魅せた、迫真プレーの特別な意味

6月29日(土)6時0分 ダイヤモンドオンライン

コパ・アメリカで1年ぶりの代表復帰を果たした川島と岡崎は、若手選手にも大きな影響を与えています Photo:JIJI

写真を拡大


残念ながらあと一歩及ばず、グループリーグ敗退を喫したコパ・アメリカ。1997年1月1日以降に生まれた、東京オリンピック世代が18人を占めた若き森保ジャパンをけん引したのが2人のベテラン、36歳のGK川島永嗣(ストラスブール)と33歳のFW岡崎慎司(レスター・シティ)だった。昨夏のワールドカップ・ロシア大会以来の日本代表戦となった守護神とストライカーは、所属クラブで直面した不遇を乗り越えて己を磨き続け、ブランクをまったく感じさせないプレーを披露。言葉ではなく背中を介して、ホープたちに日本代表の魂と生き様を伝授した。(ノンフィクションライター 藤江直人)


コパ・アメリカで1年ぶりの代表復帰

ベテラン川島と岡崎が放った存在感


 スタジアムを揺るがす大歓声を切り裂くように、重低音の声が常に後方から飛んでくる。相手ゴール前へ視線を送れば、どんなに不利な状況でも先頭に立って突っ込んでいく背中が見える。


 36歳の守護神が飛ばす檄や指示に後押しされ、33歳のストライカーが身にまとう勇気と闘志にけん引される。修羅場をくぐり抜けた経験が乏しい若手選手にとって、これほど鼓舞される環境はない。


 ブラジルで開催されているコパ・アメリカ。南米王者をもぎ取るために参加各国が目の色を変えて、意地と誇りをかけてぶつかってくる真剣勝負の舞台で、日本代表の戦いから遠ざかっていた2人のベテラン、GK川島永嗣とFW岡崎慎司が代役の効かない存在感を放った。


 南米サッカー連盟から招待され、20年ぶりに挑んだコパ・アメリカで、森保ジャパンはいきなり洗礼を浴びた。グループCの初戦で大会3連覇を目指すチリ代表に0−4で完敗。主力選手が招集されていないチーム編成を含めて、100年以上の歴史を誇る大会の価値を分かっているのかと非難された。


 大会最多の15度の優勝を誇る、強豪ウルグアイ代表との第2戦。最後尾に19歳のGK大迫敬介(サンフレッチェ広島)に代わって川島が、1トップには20歳のFW上田綺世(法政大学3年)に代わって岡崎が起用された森保ジャパンは、見違えるような戦いぶりを演じて2−2で引き分けた。


 勝てばグループリーグを突破し、準々決勝で王国ブラジルとの真剣勝負へ臨める状況で迎えたエクアドル代表との最終戦。残念ながら1−1に終わり、夢半ばで帰国の途に着くことになったが、最後まで可能性を残した戦いの軌跡は、再び先発した川島と岡崎を抜きには語れない。


 日本国内で6月上旬に開催されたキリンチャレンジカップ。昨夏のワールドカップ・ロシア大会以来となるフル代表復帰を果たし、森保ジャパンに初めて名前を連ねた川島と岡崎は、くしくも同じニュアンスの言葉を残している。曰く「今は日本代表に呼ばれる立場にない」と。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「復帰」をもっと詳しく

「復帰」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ