西武辻監督、“榊原撃ち”の先頭秋山を称賛 「チームに勇気を与えてくれた」

6月29日(土)18時7分 フルカウント

愛斗のタイムリーには「あいつにとっても大きい」

■西武 7-0 オリックス(29日・メットライフ)

 西武は29日、本拠地メットライフドームで行われたオリックス戦を7-0で快勝。先発の本田が6回2安打無失点の快投で約2か月ぶり3勝目。打線は先発全員安打でオリックス投手陣を沈めた。

 初回からオリックス先発・榊原を攻めた。先頭の秋山が右安打で出塁すると、続く源田の適時三塁打などで2点を先制。3回には得点圏打率リーグトップの森が2死一、二塁から一二塁間を抜けるタイムリーを放ち1点を追加した。さらに6回には2番手の成瀬から金子侑が今季1号2ランを放つなど3点を追加し、先発全員安打でオリックスを突き放した。

 辻監督は「(榊原は)そんなに点数を取れる投手じゃないとわかっていた。いきなり先頭の秋山が会心の当たりで打ってくれて、チームに勇気を与えてくれた」と先制攻撃の口火を切ったリードオフマンの働きを称えた。

 6回には、右翼でスタメン出場が続いている愛斗が貴重なタイムリー。レギュラー奪取に燃える若手の躍動に「レギュラーというのはそういうところから奪っていくもの。あいつにとっても大きいし、そういうところが嬉しかった」と指揮官も目を細めていた。(安藤かなみ / Kanami Ando)

フルカウント

「西武」をもっと詳しく

「西武」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ