ルイス・スアレス、敗退で号泣…。PK戦で唯一の失敗【コパ・アメリカ】

6月30日(日)9時10分 フットボールチャンネル

 ウルグアイ代表は現地時間29日、コパ・アメリカ2019(南米選手権)準々決勝でペルー代表にPK戦で破れて敗退した。FWルイス・スアレスが涙を流してピッチを去ったことをアルゼンチン『ナシオン』など複数メディアが取り上げている。

 ウルグアイが押し込んだこのゲーム。スアレスは73分に左からのクロスに合わせてゴールネットを揺らしたが、VARでオフサイドが確認されて得点は認められなかった。

 その後、試合はPK戦に突入。1人目のキッカーであるスアレスが失敗すると、ウルグアイはその後全員が成功したものの、ペルーは1人も失敗せず、ウルグアイが敗退している。この一戦で唯一PKを失敗したスアレスは、ピッチ上で涙を流し、自らのユニフォームでそれを拭った。

 『ナシオン』は、スアレスが自身のスタイルどおりのプレーをし、VARで認められなかったもののほか、前半にもチャンスがあったと指摘。自分の役割をこなしていたと記した。ただ、PK失敗で敗退の一因となり涙を流す姿は、この試合のウルグアイの象徴的な光景だったとしている。

フットボールチャンネル

「ルイス・スアレス」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「ルイス・スアレス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ