バルサ、フランス代表DFの希望価格を設定か。61億円以上のオファーで売却検討?

7月3日(水)12時0分 フットボールチャンネル

 チームに所属する25歳のフランス代表DFサミュエル・ウンティティに関して、バルセロナが移籍金の希望価格を設定したようだ。2日に英紙『メトロ』が報じている。

 マンチェスター・ユナイテッドが獲得を望んでいるウンティティ。同紙によると、移籍金4500万ポンド(約61億1000万円)以上のオファーが届けば売却を検討するとのこと。ユナイテッドの本命はレスター・シティに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイアだが、獲得に失敗した場合はウンティティの獲得に切り替える可能性がある。現時点で正式なオファーは提示していない。

 ウンティティは2016年7月にリヨンからバルセロナに加入し、今季は公式戦15試合に出場し1アシストを記録していた。昨年8月にはバルセロナとの契約を更新しており、2023年6月までバルセロナでプレーする予定となっている。

フットボールチャンネル

「フランス」をもっと詳しく

「フランス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ