モンチSDのセビージャ、“クラブ史上最高額”でU20フランス代表DFを獲得

7月4日(木)13時0分 フットボールチャンネル

 セビージャが3日、ボルドーに所属するU-20フランス代表DFジュール・クンデを獲得したと発表。

 クラブの発表によると、契約期間は5年間で2024年6月までとなっている。なお、スペイン紙『アス』によると移籍金は2500万ユーロ(約30億4000万円)で、クラブ史上最高額になったようだ。クンデはボルドーの下部組織で育ち、2017年10月にトップチームへ昇格。今季はセンターバックとして公式戦51試合に出場し2得点1アシストを記録している。

 セビージャにとって、クンデは5人目の補強だ。ナントからブラジル人DFジエゴ、エイバルからスペイン人MFジョアン・ジョルダンを獲得するなど、着々と補強を進めている。現在、セビージャのスポーツ・ディレクター(SD)を務めているのはモンチ氏。ローマで選手の発掘や売却などを通してクラブの成功に大きく寄与した後、今年3月からセビージャへ移っている。

フットボールチャンネル

「セビージャ」をもっと詳しく

「セビージャ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ