バルセロナ会長がデンベレ残留を明言。来季のバルベルデ監督の構想に

7月4日(木)15時30分 フットボールチャンネル

 リーガ・エスパニョーラのバルセロナに所属するフランス代表FWウスマン・デンベレが同クラブ残留となりそうだ。英メディア『エクスプレス』が現地時間の3日に報じた。

 デンベレは2017年にボルシア・ドルトムントから1億5000万ユーロ(約182億円)でバルセロナに加入する。大きな期待を背負って入団するも怪我が多く、2シーズンで合計65試合に出場し18得点17アシストの数字に留まっている。

 デンベレにはFWアリエン・ロッベンとMFフランク・リベリが退団したバイエルンが獲得に興味を示している。だが、同選手はバルセロナのエルネスト・バルベルデの来季の構想に入っているため、放出する意思がないことをジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が同選手の代理人に伝えたという。

 バルセロナはFWネイマールとアントワーヌ・グリーズマンの獲得に迫っていると報じられている。同メディアはデンベレの出場機会が減る可能性を言及しているが、果たしてデンベレはこのまま残留となるのだろうか。

フットボールチャンネル

「バルセロナ」をもっと詳しく

「バルセロナ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ