大久保からの要求は拒否? 香川「川崎サポのところには飛び込まない」

7月6日(月)22時22分 サッカーキング

等々力陸上競技場での前日練習に参加した香川(右)

写真を拡大

 6日に来日したドルトムントが翌日に控えた川崎フロンターレとの親善試合を前に、試合会場である等々力陸上競技場で前日練習を行った。練習後、ドルトムント所属の日本代表MF香川真司が記者団の取材に応じている。

 5日(日本時間6日)に行われたFIFA女子ワールドカップ・カナダ2015決勝で、なでしこジャパンとアメリカ女子代表が対戦した。連覇を狙ったなでしこは、2−5で敗れ、準優勝となったが、同試合をテレビ観戦した香川は「試合を見ました。結果は残念でしたけど、なでしこの姿を見て、戦う姿勢、最後まで諦めずに戦っている姿、ああいう舞台で活躍している姿を見て、一人のサッカー選手として刺激を受けましたし、ああいう舞台で試合をしたいという気持ちになりました」と、一人のサッカー選手として刺激を受けたことを明かした。

 ドルトムントは7日に川崎との親善試合を行う。同試合を前に香川は5日深夜に放送されたテレビ朝日系列『やべっちF.C.』で、川崎のFW大久保嘉人とスペシャル対談を行った。香川は大久保から「ゴールを決めたらパフォーマンスしてよ!」との要求を受けていた。

 香川はその場では「無理。無理。そういうキャラじゃないから(苦笑)」と拒否する姿勢を見せていたが、パフォーマンスを行うか問われると「あの後、一切連絡を取っていないので(パフォーマンスは)何も決めていません。ひとつ言えるのは、フロンターレのサポーターがいるところに、僕が飛び込んで行くことはないと思います(笑)」と述べ、パフォーマンスを行うかは明らかにしなかったものの、川崎の熱狂的なサポーターが陣取る「Gゾーン」に飛び込むことはないと明言した。

サッカーキング

「ドルトムント」をもっと詳しく

「ドルトムント」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ