ドルトムント来日の狙いとは? トゥヘルの思惑、そして日本が注目すべき“もう1人の日本人”

7月7日(火)11時39分 フットボールチャンネル

600万人のファンを持つ日本へ降り立つドルトムント

 香川真司の所属するドルトムントが7日、川崎フロンターレと親善試合を行う。ドイツから約2万5000キロの旅を経て来日する理由、トーマス・トゥヘル新監督がプレシーズンで重視するポイントとは。そして、丸岡満は日本への凱旋出場を果たせるか。

——————————

 多くのドルトムントの選手達にとって、これだけの距離を移動するのは初めてのことなのではないだろうか。2015年7月6日付の『キッカー』誌が、「30時間以上、監督、選手、関係者は飛行機の中に座って約2万5000キロの道程を進む」とわざわざ記すくらいである。

 5日、BVBの御一行はフランクフルトを発った。7日間の日程で、ボルシア・ドルトムントは日本、シンガポール、マレーシアと周るアジア・ツアーを敢行する。日本では7日に川崎フロンターレとテストマッチを行う予定だ。

 6日付の地元紙『WAZ』の電子版は、「BVBは本物の愛(Echte Liebe : ドルトムントのキャッチ・コピー)を荷物に詰めてアジアに旅をする」という見出しでツアーを報じた。

 また『キッカー』誌がビジネス面で「7日間のアジア・ツアーでボルシア・ドルトムントは国際化戦略を推し進める」と記すように、ドイツではスポーツ・ビジネスの観点から今回のツアーに注目が集まっている。

 日本に遠征するのは、香川真司が所属していること、1997年に東京で行われたトヨタカップに出場したことなどによって、ドルトムントの存在が知られていることが理由として挙げられる。『キッカー』誌で、マーケティング・ディレクターのカールステン・クラマー氏がインタビューに応じた。

 同氏によれば、今回のアジア・ツアーでは7桁(100万ユーロ)の収入を見込んでいる。しかし第一義的には、近年に日本で高まっている人気に応えることにあるようだ。ドルトムントの調査によれば、現在日本では600万の人々が同クラブに興味を持っているという。

 クラマー氏は「我々は現地で持続的かつ集中的に多くのBVBのファンに従事したい」と『キッカー』誌に述べた。6日に羽田空港に到着すると間もなく、公開練習を含むファン・サービスが目白押しである。

フィットネス改善を最大の課題とする新監督

 また『WAZ』電子版によれば、新指揮官のトーマス・トゥヘルはアジア・ツアーを、選手と監督が互いに知り合うプロセスを促進することに利用するつもりだという。『WAZ電子版』に対してトゥヘルは、出発前に「私は3週間ここにいるが、我々はお互いのために徐々に感情を一つにしつつある」とコメントを残している。

 1日付の『シュポルトビルト』誌によれば、プレシーズンにおいてトゥヘルは、まずフィットネスの改善を最も大きな問題とした。昨シーズンにもロイスを筆頭に多くの選手が負傷離脱を繰り返したような、これ以上の野戦病院化は避けたいところだ。

 また試合開始早々の失点癖も修正する必要がある。まず様々なテストを通して各選手のパフォーマンスを測定することに、トゥヘルは練習の初日を費やした。

 そしてスボティッチが『キッカー』誌に語ったところによれば、クロップが主にディフェンスを気にかけたのに対して、最初の2、3日でトゥヘルはポゼッション時のビルドアップに重点を置いたという。

「どちらの足で相手のどちらの足に、どこへパスをするか、各々のディテールを本当に重視する」トゥヘルのことを、スボティッチは「とても厳密に仕事をする」と評する。

レンタル期間の1年延長を勝ち取った丸岡

 しかしファン・サービスに主眼のあるアジア・ツアーでは、過密日程も考えれば、そういったコンディションと戦術の両面を充実させていくのは難しいかもしれない。

 もちろんテストマッチを通して両課題に取り組むことは出来るが、ここで「選手と監督が互いに知り合うプロセス」を重視することは自然な流れとも言える。スボティッチが言うように、トゥヘルはクロップとは、あくまで似て非なる監督なのだ。

 7日の対川崎フロンターレ戦では、香川真司はもちろんのこと、ドイツ代表のロイス、フンメルス、ギュンドアン、また快足のオーバメヤンなど、多くのBVBの選手達が人目を惹くだろう。

 しかしここで、丸岡満に注目してみてはいかがだろうか。これまで多くのドルトムントの選手達が実際の日本を知らなかったように、多くの日本のファンも丸岡のプレーを知らないのではないだろうか。

 昨季に続いて、丸岡はドルトムントとの間でレンタル期間の1年延長を勝ち取った。レンタルとは言え、BVBとの契約を延長することは決して簡単なことではない。また最近のテストマッチ2試合でも、チーム・ゴールドとの試合はエキシビションではあるが、2ゴールを決めている。

 日本での試合であることを考えれば、丸岡が成長の跡を見せる場面もきっとやって来るはずだ。

フットボールチャンネル

「ドルトムント」をもっと詳しく

「ドルトムント」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ