レジェンドOB・デサイー氏がチェルシーを語る…「ジルーとカンテはスランプになるどころか…」

7月7日(日)20時38分 サッカーキング

チェルシーで6シーズンプレーしたデサイー氏がインタビューに答えてくれた [写真]=Getty Images

写真を拡大

 今年の夏も“欧州 vs Jリーグ”の幕が上がろうとしている。7月19日、「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2019」でプレミアリーグの強豪・チェルシーと、Jリーグ王者・川崎フロンターレが対戦する。





 試合に先駆け、チェルシーのアンバサダーとして来日した元フランス代表MFマルセル・デサイー氏が、川崎の麻生グラウンドを訪問。小林悠ら主力選手たちと交流した。

 さらに、かつてチェルシーで6シーズンプレーし、キャプテンも務めた偉大なOBが、自身の経験やチェルシーの強さ、試合の見どころについても語ってくれた。

インタビュー・文=加藤聡
写真=ゲッティイメージズ

「日本の皆さんにも試合に興味を持ってほしいね」

——現在はどのような活動をされていますか?
「世界中を回ってサッカーの素晴らしさを伝えているよ。自分をブランドとしてサッカーをプロモーションしている。チェルシーは僕がヨーロッパでプレーした最後のクラブだし、日本で試合をするということで今回は来日したんだ。僕が色々と活動することで、日本の皆さんにも試合に興味を持ってほしいね。僕はチャンピオンズリーグやワールドカップで優勝したことがあるし、今回のように川崎フロンターレともコラボして盛り上げたい」

——来日されるのは何回目ですか?
「6,7回くらいかな。ミランにいたときにインターコンチネンタルカップで来日したんだ。1993年だよ。あなたはまだ生まれていなかったでしょ?」

——もう誕生していました(笑)
「そうなの!? 日本の人は若く見えるね(笑) 日本には試合でも来たし、遊びに来ることもあった。大好きな国だよ」

——日本のどういうところが好きですか?
「日本は近代的なのに伝統を守っているところが素晴らしいよね。アジアの中でも特別な素晴らしさを感じるよ」

チェルシーは「絶対に見て損はないよ」



——デサイーさんはチェルシーではキャプテンも務めていました。改めて、チェルシーはどのような存在ですか?
「チェルシーに来るまではラテンスタイルのチームにいた。だから、イングランドに移籍することはチャンスだと思ったんだ。“欧州スタイル”のサッカーを体験できるからね。当時のチェルシーは現在ほど有名なクラブではなかったけど、チームを強くするために有名な選手を多く集めていた。ジャンフランコ・ゾラ、ジャンルカ・ヴィアリ……、僕もフランスW杯に優勝した年にチェルシーに呼ばれたんだ。いい選手が増えてチェルシーに興味を持つ人も増えたと思う。あとは、僕がキャプテンを任されたとき、オーナーが(ロマン・)アブラモヴィッチさんに代わった。彼は『このクラブには将来性がある』と見抜いて色々と強化した。彼は多額の資金を投じてきたけど、大事なカップは全て獲得したよね。僕も強いチェルシーの土台作りに貢献できたことを誇りに思っているし、アンバサダーとして活動できることが嬉しいね」





——チェルシー在籍中、最も思い出に残っている出来事は何ですか?
「やっぱり、アブラモヴィッチ会長が来たことかな。彼のサッカーに対する熱意のすごさも印象的だけど、チームのスタイルが変わったことも大きなターニングポイントだった。僕もそれに慣れる必要があったんだ。イングランドはスピーディーでハードワークが必要で、そこにクラブごとの哲学がある。そういうサッカーを学べたことは大きかった」

——現在のチェルシーで注目すべき選手は誰ですか?
「全員に決まってるじゃないか! エデン・アザールは移籍してしまったが、ウィリアン、ペドロ、ダヴィド・ルイス、ワールドカップチャンピオンのオリヴィエ・ジルー、エンゴロ・カンテ。どのポジションにもトップクラスの選手がそろっている。システムにも注目している。アントニオ・コンテは3バックでリーグ優勝したし、マウリツィオ・サッリは4バックにしてヨーロッパリーグを制した。新しい監督も自分のフィロソフィーをチームに浸透させる必要があると思うね」

※インタビューの翌日、フランク・ランパード氏が監督に就任

——ジルーやカンテは日本でも人気の選手です。同郷の2人は特に注目しているのではないでしょうか?
「もちろん注目しているよ。ワールドカップで優勝するとモチベーションを保つことが大変なんだ。世界最高のタイトルを獲得したわけだからね。でも、ジルーとカンテはスランプになるどころか、高いクオリティーを維持し続けている。すごく嬉しいことだよ」



——日本のサポーターへ、『チェルシーのここが素晴らしい』というポイントを教えてください。
「レアル・マドリード、バルセロナ、マンチェスター・Uは世界的に有名だけど、チェルシーも同じレベルのビッグクラブだ。エンターテインメントとしても素晴らしい試合をしてくれるはずだし、絶対に見て損はないよ」

——ありがとうございました! 最後に、どうすればチェルシーに勝てますか?
「チェルシーはオフ明けだからコンディションが整っていないかもね(笑) 川崎フロンターレにもチャンスはあるよ。勝てば大きな自信になると思う」

——Jリーグ王者の川崎も強いので、ぜひ期待してください。
「オッケー! 2シーズン優勝しているんだろ? 大陸が違うチーム同士が対戦するとお互いに学ぶこともあるから、いいね!」

サッカーキング

「チェルシー」をもっと詳しく

「チェルシー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ