内藤大助氏「これだけ打たれる姿を見たのは初めて...」 井岡が王座陥落「ここまで差が出るとは...」

2024年7月7日(日)22時2分 スポーツニッポン

 ◇WBA・IBF世界スーパーフライ級王座統一戦(2024年7月7日 東京・両国国技館)

 WBA世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(35=志成)がIBF世界同級王者フェルナンド・マルティネス(32=アルゼンチン)との2団体王座統一戦に0—3の判定で敗れ、12年6月のミニマム級以来のベルト統一に失敗した。18年大みそか以来の黒星で、キャリア終盤で手痛い黒星を喫した。採点は112—116、111—117、そして108—120のフルマークをつけた採点も1人いる完敗だった。この試合を生配信したABEMAの解説を務めたプロボクシング元WBC世界フライ級王者の内藤大助氏(49)が試合を振り返った。

 進退を懸ける覚悟で臨んだ七夕決戦。35歳の井岡が健在を証明することはできなかった。

 初回から前に圧をかけてくるマルティネスに対し、井岡は左ボディーを当てた。井岡はアウトボクシングではなく、カウンターを狙う展開で応戦。3回には相手の右に対して、井岡の足が止まる場面もあるなど、相手の手数の多さが目立った。中盤以降もマルティネスの手数が上回り、井岡は最後まで流れをつかむことはできなかった。終盤は井岡もリスクを背負って前に出たが、ディフェンス能力も高かった。判定は108—120、112—116、111—117の0—3で敗れた。

 内藤氏は「残念ですがしょうがないですね。これだけ打たれた井岡を見たのは初めてかもしれない」と言葉を絞り出した。

 そして「マルティネスはそんなに打たれてる感じがないので、ここまで差が出るとは思わなかった」と試合を振り返った。

スポーツニッポン

「内藤大助」をもっと詳しく

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ