F1オーストリアGP FP1:フェルスタッペンが首位発進、ルクレールとラッセルが続く。角田10番手

7月8日(金)22時14分 AUTOSPORT web

 2022年F1第11戦オーストリアGPのフリー走行1回目が行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がトップタイムをマークした。2番手はシャルル・ルクレール(フェラーリ)、3番手はジョージ・ラッセル(メルセデス)となっている。アルファタウリの角田裕毅は10番手だった。


 4月の第4戦エミリア・ロマーニャGPに続いて、今季2度目のスプリントフォーマット。オーストリアGPで行われるのは初めてだ。1週間前のイギリスGPが雨模様、あるいは曇りがちの週末だったのに対し、オーストリアは3日間を通じてほぼドライコンディションの予報が出ている。FP1の始まる現地時間午後1時半の時点で、天気は晴れ。しかし気温は17度と、例年よりかなり低い。一方、日差しは強く、路面温度は37度まで上がっている。


 今回ほとんどのチームが、車体アップデートを見送った。前戦イギリスGPから連戦であることと、セッティング変更のできるフリー走行が1回60分しかないスプリントフォーマットであることが主な理由だ。


 セッション開始後しばらくは、全20台がミディアムタイヤを装着して周回を重ねた。レッドブルリンクはDRS区間が3ヶ所あり、比較的オーバーテイクがしやすいこともあって、予選よりはレースセッティング重視で作業を進めているようだ。ここで過去4勝を挙げているフェルスタッペンが、まずトップタイム。ルクレールが2番手につけた。


 開始後19分、ランド・ノリス(マクラーレン)がターン6手前で止まってしまい、セッションは赤旗中断となった。リプレイ映像を見るとターン4立ち上がりからエンジンの吹けが悪く、ノリスも「シート下から煙が出ている」と訴えていた。そしてダニエル・リカルド(マクラーレン)もDRSに不具合が出て、まともに走れない状態だ。


 7分間の中断後、セッション再開。フェラーリ2台がまずソフトタイヤに履き替え、ルクレールが1分6秒650のトップタイム。カルロス・サインツ(フェラーリ)がコンマ4秒落ちで続く。しかし少し後にソフトを装着したフェルスタッペンが、1分6秒302で首位を奪い返した。


 終了22分前、再び赤旗が出た。ターン6付近のコース上にデブリが散乱している。縁石のすき間を埋めるラバーがマシンの通過で剥がれてしまったようだ。残り14分でセッション再開。残りのマシンもアルピーヌの2台とリカルドをのぞいて、ソフトに履き替えた。


 首位フェルスタッペンと2番手ルクレールは変わらず。3番手にラッセルが入り、4番手セルジオ・ペレス(レッドブル)、5番手ルイス・ハミルトン(メルセデス)。メルセデスはシルバーストンに続き、ここでもポーパシングの問題は出ていないようだ。6番手ケビン・マグヌッセン(ハース)、サインツは7番手まで後退。8番手にミディアムのフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)、9番手ミック・シューマッハー(ハース)、10番手角田。ピエール・ガスリー(アルファタウリ)は16番手に留まった。

AUTOSPORT web

「オーストリア」をもっと詳しく

「オーストリア」のニュース

「オーストリア」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ