スケボー女子パークでパリ五輪代表の草木ひなの「かましてきます!」…茨城県内で公開練習

2024年7月8日(月)19時18分 スポーツ報知

草木ひなの

写真を拡大

 スケートボード女子パークでパリ五輪代表の草木ひなの(スターツ)が8日、茨城・つくば市内のスケートパーク「AXIS」で練習を公開。2021年東京五輪金メダルの四十住さくら(第一生命保険)、銀メダルの開心那(WHYDAH GROUP)と共に代表入りし、「あまり実感が湧いていないですが、すごくうれしい。(パリ五輪では)楽しんで終わりたい」と話した。

 レベルの高い日本で、激しい代表争いを勝ち抜いた。昨年10月にローマで行われた世界選手権は同大会自身初の表彰台となる2位に入るなど好調だったが、後半はけがなどもあり「気持ち的にもアップダウンの激しい期間だった。パリ五輪に出なきゃいけないってなったときに、気持ちがダウンしたり」と素直な気持ちを明かす。

 それでも地元や親戚、周囲の応援してくれる人たちと話す中で「『五輪も頑張ってほしいけど、ひなのちゃんの好きなように。出し切ってほしい』とすごく言ってもらった。五輪にこだわりすぎなくて良いんだって気持ちが明るくなりました。精いっぱい出し切ろう」と気持ちが切り替わった。五輪選考の最終戦、6月のブダペスト大会で5位となり、3枠の代表権を確実につかみ取った。

 初の五輪舞台へ「出し切ること」を目標に立てた。「パリ五輪では笑顔で楽しんでいる姿の私を見せて、悔いの残らないようにしたい。かましてきます!」。勢い抜群の高校1年生は、爽やかな笑顔で意気込んだ。

スポーツ報知

「パリ五輪」をもっと詳しく

「パリ五輪」のニュース

「パリ五輪」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ