19年ぶりの新型はターボを初搭載。『モーガン・プラス シックス』が日本上陸

7月9日(火)11時22分 AUTOSPORT web

 2000年に発表され、ル・マン24時間にも参戦した伝説的モデルである『MORGAN AERO 8(モーガン・エアロ8)』以来、19年ぶりのブランニューモデルとなる『MORGAN PLUS SIX(モーガン・プラス・シックス)』が日本に上陸。新設計のCXジェネレーションとなる初の接着アルミプラットフォームや、BMW製のターボユニットを初搭載し、6月28日より発売開始となっている。


 2019年3月のジュネーブショーでワールドプレミアとなった最新世代のモーガンが早くも日本に上陸し、モーガンの歴史上“初”となる要素を満載したモデルとして登場。その最大の注目点は、ターボエンジンを搭載した初のモーガンとして、戦略技術パートナーであるBMW製の2019年式B58型直列6気筒ツインパワー・ターボを搭載した点だ。


 最高出力340PS、最大トルク500Nmのアウトプットを誇るこのユニットは、BMWとの協業によりPLUS SIX用にファインチューニングが施され、スポーツモード、プラスモードやパドルシフトも備えたZF製8速ATを介して後輪を駆動。さらにこのパワートレインの採用によりCO2排出量も170g/kmと優秀な値を示すなど、より環境性能の高いモデルに仕上がった。


 その強力なユニットとの組み合わせで0-100km/h加速4.2秒、トップスピードは267km/hを実現するキーファクターでもある超軽量シャシーには、この先を見据えた最新のアルミプラットフォームを採用。代名詞だった木製フレームはパッセンジャーセル上部に残されその役目を果たしながら、歴代最軽量級の単体98kgのフレームにより、乾燥重量1075kgを実現した。


 このCXジェネレーションと呼ばれる初の接着アルミプラットフォームは、Plus 8やAERO 8で18年間に渡って使用されたアルミ製プラットフォームに対しても、ねじれ剛性で100%の向上を果たしながら、ホイールベースを20mm延長、足まわりスペースを200mm拡張し、収納スペースも31%の容量拡大を果たしている。

CXジェネレーションと呼ばれる初の接着アルミプラットフォームは、単体98kgのフレームにより乾燥重量1075kgを実現
サスペンションは、フロントにマクファーソンストラット、リヤに4バー・リーンケージ式という現代的な組み合わせを採用
BMW製の2019年式B58型直列6気筒ツインパワー・ターボは最高出力340PS、最大トルク500Nmを発生する


 そして「動力性能が最も高いMORGAN」と謳われる要素のひとつであるサスペンションは、フロントにマクファーソンストラット、リヤに4バー・リーンケージ式という現代的な組み合わせを採用。さらにダンパー、コイル、ウィッショボーンの形状、配置最適化や強化ブッシュ、フロントアンチロールバーの採用など、路面追従性と高速安定性がさらに高められている。


 そしてモーガンのクラフトマンシップを感じさせるアイコニックなデザインが施されたインテリアでは、ダッシュボード内にLCDスクリーンを備え、車両の重要情報を確認できるほか、サイドインパクトプロテクションが強化されたドアレザーの内張りには、スピーカーユニットもビルトインされている。


 新デザインとなるセンターコンソールは、エクステリアの“ウイングライン”を模倣したデザインとし、ダッシュボードには1950年代の航空機を思わせる新デザインの計器類が並び、軽量高剛性の上品で美しいシートは、伝統的なボンバーシートからインスピレーションを得たデザインとなっている。


 そのシートバック部や脱着式の軽量コンポジットハードトップなどを筆頭に、ナチュラルな素材を多用したオプションの選択肢が用意され、従来のモーガンと同じく好みの仕様に仕立てることが可能に。


 導入される4グレードともにリモートセントラルロックやモーガン初採用のオートマティックヘッドライトが標準装備となり、価格は1393万2000〜1576万8000円となっている。

モーガンのクラフトマンシップを感じさせるアイコニックなデザインが施されたインテリアにはLCDスクリーンも備わる
シートや脱着式の軽量コンポジットハードトップなどを筆頭に、ナチュラルな素材を多用したオプションの選択肢も用意される
新スタイル19インチマルチスポークアロイホイールもオプション選択可能に(一部標準)


公式サイト:https://www.morgan-cars.jp/


AUTOSPORT web

「ターボ」をもっと詳しく

「ターボ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ