母国ポールのラッセル、トラブルでリタイア「マシンが速かったから、またチャンスは来る。それでもがっかり」F1第12戦

2024年7月9日(火)6時4分 AUTOSPORT web

 2024年F1イギリスGP決勝で、メルセデスのジョージ・ラッセルはポールポジションからスタートし、序盤をリードしたが、トラブルのためリタイアした。


 17周目までトップを走ったラッセルだが、チームメイトのルイス・ハミルトン、ランド・ノリス(マクラーレン)、オスカー・ピアストリ(マクラーレン)に次々とかわされて20周目には4番手に。27周目には雨のためピットイン。前を走るハミルトンと同時にピットに入り、5番手でコースに復帰した。ピアストリのピットインで4番手を走行していたが、33周目に突然ピットに戻り、リタイアした。チームは、ウォーターシステムの問題が疑われたため、リタイアさせなければならなかったと述べている。


 トラックサイド・エンジニアリング・ディレクターのアンドリュー・ショブリンによると、「レース序盤から、彼の冷却システムをモニターしていたが、リタイアさせなければならない段階にまで至ってしまった」ということだ。

2024年F1第12戦イギリスGP ジョージ・ラッセル(メルセデス)がマシントラブルでリタイア


■ジョージ・ラッセル(メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラ1チーム)
決勝=リタイア(33周/52周)
1番グリッド/タイヤ:ミディアム→インターミディエイト

2024年F1第12戦イギリスGP ポールからスタートしたジョージ・ラッセル(メルセデス)


 本当にがっかりだ。リタイアする前の10周ぐらいにわたって、ステアリングホイールに温度のアラームが表示されていた。ウォーターシステムの問題と戦っていたが、残念ながらそのトラブルに勝つことができなかった。


 でも、(優勝した)ルイスとチームにおめでとうと言いたい。彼は素晴らしいレースをした。まさに勝利に値する。


 僕たちふたりで、チームのマシン開発を助けるために頑張ってきた。今日はマシンの感触がとても良かった。天候の変化が予想されたから、長いレースになることは分かっていた。雨が最初に降ってきた時、少し苦しんだ。でもその後、ペースを取り戻すことができたので、最後は興味深いバトルになっていたはずだ。


 とはいえ、チームにとって素晴らしい週末だった。自分たちが成し遂げたことを誇りに思えるよ。サマーブレイク前の最後の2戦を楽しみにしている。


(レース後にformula1.comに対して語り)ポジティブな点に目を向けたい。マシンは速かったから、今後チャンスがあるだろう。そうはいっても、ホームレースはもちろんのこと、どのレースであっても、リタイアという結果にはがっかりする。今日は少なくとも表彰台は狙えたはずなんだ。

2024年F1第12戦イギリスGP 優勝したルイス・ハミルトン(メルセデス)を祝福するジョージ・ラッセル(メルセデス)


投稿 母国ポールのラッセル、トラブルでリタイア「マシンが速かったから、またチャンスは来る。それでもがっかり」F1第12戦autosport webに最初に表示されました。

AUTOSPORT web

「トラブル」をもっと詳しく

「トラブル」のニュース

「トラブル」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ