【ヤクルト】宮本丈が4回に先制打 「コンパクトに打つことができました」

2024年7月9日(火)20時0分 スポーツ報知

4回2死三塁、宮本丈が先制となる右前適時打を放つ(カメラ・渡辺 了文)

写真を拡大

◆JERA セ・リーグ 阪神—ヤクルト(9日・甲子園)

 ヤクルト・宮本丈内野手が9日、敵地の阪神戦に「6番・左翼」でスタメン出場。両チーム無得点で迎えた4回2死三塁の好機で阪神先発右腕の才木から右前に先制適時打を放った。

 「先制のチャンスだったのでコンパクトに打つことができました」と笑顔。下半身の張りのため、サンタナがベンチスタートとなり、4日のDeNA戦(横浜)以来、今季7試合目のスタメン。今季初打点で先制点をもたらして、高津監督の期待に応えた。

スポーツ報知

「ヤクルト」をもっと詳しく

「ヤクルト」のニュース

「ヤクルト」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ