浦和 DFショルツのカタール1部アルワクラ完全移籍発表 6月にチーム離脱 磐田戦で日本語あいさつ

2024年7月9日(火)19時10分 スポーツニッポン

 浦和は9日、DFアレクサンダー・ショルツがカタール1部アルワクラへ完全移籍することになったと発表した。

 ショルツは6月に海外クラブへの移籍を前提とした手続きと準備のため、チームを離脱。同30日の磐田戦では試合後にピッチに登場した。ファン、サポーターへ「勝った時、負けた時もどうやって、この複雑な気持ちをうまく表現することができない。ずっといると思った。しかし、3年前、笑顔で来ました。今日も、ここから笑顔でいきたい。ありがとうでは足りない。この時は、いつまでも忘れない」などと日本語であいさつしていた。

 21年にデンマーク1部ミッティラントから完全移籍で加入。22年はリーグ戦32試合に出場し6得点。23年はリーグ戦全34試合にフル出場し、J1最少の27失点だった浦和の堅守を支えただけでなく、7得点も記録した。チームはリーグ4位に終わりながらも、ベストイレブンに初選出された。

 今季は副主将としてリーグ戦13試合に出場し、1得点。6月1日の神戸戦で今季4枚目のイエローカードを受け、同15日のC大阪戦は出場停止となったが、不動のセンターバックとして存在感を示していた。

 アルワクラは1959年に設立。カタール1部優勝2回。ホームスタジアムはアルジャヌーブスタジアムで22年W杯のために建設された。

スポーツニッポン

「移籍」をもっと詳しく

「移籍」のニュース

「移籍」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ