阪神 8.1甲子園100周年にバース氏が来る!盟友・岡田監督の日本一連覇を後押し

2024年7月9日(火)5時15分 スポーツニッポン

 バースが甲子園に帰ってくる!阪神の最強助っ人、ランディ・バース氏(70)が甲子園球場開場100周年を迎える8月1日の巨人戦での記念式典にサプライズゲストとして“緊急参戦”することが8日、わかった。伝説の3冠王がファンとともに開場100周年を祝い、岡田阪神の後半戦を力強く後押しする。

 甲子園100周年を盛り上げるためにバースが第二の故郷に帰ってくる。100周年を記念した今月30日からの巨人3連戦は「KOSHIEN CLASSIC SERIES」と銘打ち、各種のイベントを実施。開場記念日となる8月1日の記念式典の概要も発表されたが、未発表の特別ゲストとしてバース氏が内定したことがわかった。

 甲子園100周年に関して、かねてバース氏は「100年か。素晴らしいことだね。甲子園は本当に思い出の多い球場だ。素晴らしい球場と素晴らしいファン。それが甲子園の魅力だ」と本紙に語っていた。スペシャルゲストとしても、バース氏は適任だ。85年4月17日の巨人戦で掛布雅之岡田彰布とともに記録したバックスクリーン3連発は、甲子園の歴史に残る名場面だ。阪神在籍6年間で202本塁打。85年はセ・リーグと日本シリーズでダブルMVPに輝き、85、86年と2年連続の3冠王。ファンもその雄姿を待ち望んでいる。

 昨年も京セラドームでの開幕戦セレモニーのために来日。かつてのチームメートである岡田監督を直接激励した。また英語が堪能な指揮官の妻・陽子夫人との交流も続いている。そして3月13日生まれで同じ誕生日の佐藤輝も激励していた。米国オクラホマ州から2年連続の来日。連覇の“使者”として、勝負の8月決戦に臨むチームに活を入れるなどのバックアップも期待される。

 関係者によると「昨年は甲子園に行けなかったから、100周年のイベントに招待してもらったことは感謝している。岡田監督に会うのも楽しみだ」とバース氏は甲子園入りを快諾し、心待ちにしているという。

 「KOSHIEN CLASSIC SERIES」では超満員プロジェクトとして、消防当局などの特別許可の下、アルプス席の仕様を変更し、4万7000人規模の観客を予定している。100周年を盛り上げ、巨人戦に必勝——。特別な一日にレジェンドが一役買う。

 ≪85年も広島と首位争い≫バース氏がMVPに輝いた85年と、今年のペナントレースの状況は酷似している。現在、79試合を消化した時点で首位・広島とは1差。85年は130試合制だったが、79試合を消化した8月7日の段階で広島とゲーム差なしで首位に並んでいた。阪神は最終的に広島に7ゲーム差をつけて優勝。バース氏の後押しで今年もその再現を狙う。

スポーツニッポン

「甲子園」をもっと詳しく

「甲子園」のニュース

「甲子園」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ