新大関・栃ノ心「昇進場所優勝」を阻む難敵力士たち

7月10日(火)7時0分 NEWSポストセブン

ライバルの御嶽海は西の関脇(共同通信社)

写真を拡大

 新大関となった栃ノ心。7月の名古屋場所では、「昇進場所優勝」を果たせるかどうかが注目されている。過去の例を見ると、戦後では72人誕生した新大関のうち昇進場所で優勝を果たした力士は5人しかいない。その5人に共通するのは“ガチンコ相撲”を貫いていたこと。“ガチンコの中のガチンコ”栃ノ心は、史上6人目の昇進場所優勝が期待されている。


 しかし、今場所は「栃ノ心包囲網」とも呼ぶべき、難敵が待ち受けている。上位陣に実力派のガチンコ力士が集中しているのだ。


「西の関脇・御嶽海は、これまで栃ノ心と何度も好勝負を演じてきた相手。出羽海一門同士だから出稽古などでお互い手の内は知り尽くしている。先場所の取組では栃ノ心が一気の寄りを見せて完勝したが、御嶽海は右足を負傷していた。今場所は万全の体調だから同じようにはいかない。東の関脇には幕内最重量225kgの逸ノ城もいる。栃ノ心とは右の相四つということもあって毎場所、際どい勝負となっている」(担当記者)


 また“鬼門”になり得るのが西の前頭筆頭・琴奨菊だ。がぶり寄りを武器とする元大関に対し、栃ノ心は過去16連敗するなど相性が悪い(8勝24敗)。「先場所は11日目に対戦して、栃ノ心が豪快な上手投げを決めている。この一番で大関昇進が決定的となったので、琴奨菊は雪辱に燃えている」(同前)というのである。


 とりわけ激しい一番となることが予想されているのは、カド番で7月場所を迎えた先輩大関の高安だ。この1年では栃ノ心が1勝3敗と分が悪い。


「栃ノ心は右四つでがっぷり組めば角界最強といわれているが、高安とはケンカ四つになる。お互いに突っ張りから有利な形に持っていこうとするため、いつも激しい。直近の対戦では左のど輪、右おっつけで出た高安が攻め込んだところを栃ノ心が突き落とし。軍配は栃ノ心に上がったが、物言いがついた結果、行司差し違えで高安の勝ちとなっている。今場所も終盤の高安戦が、栃ノ心の優勝を大きく左右する」(ベテラン記者)


 加えて、稀勢の里の休場で成績次第ではぶつかることになりそうな前頭3枚目の阿炎や貴景勝といった新鋭との取組で白星を重ねられるかもカギとなる。


※週刊ポスト2018年7月20・27日号

NEWSポストセブン

「栃ノ心」をもっと詳しく

「栃ノ心」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ