大谷翔平 “最強軍団”フィリーズ相手に第1打席は3球三振 敵地ファンは大ブーイング

2024年7月10日(水)7時45分 スポーツニッポン

 ◇ナ・リーグ ドジャース−フィリーズ(2024年7月9日 フィラデルフィア)

ドジャースの大谷翔平投手(29)が9日(日本時間10日)、敵地でのフィリーズ戦に「1番・DH」で先発出場。第1打席は3球三振に倒れ、凡退した。

 今季9勝、防御率2・74の相手先発右腕・ウィーラーに対し、初球の外角直球をフルスイングもファウル。2球目の直球にバットが空を切り追い込まれると、最後は3球目、内角高めの97・6マイル(約157・1キロ)も空振りし、3球三振に倒れた。

 敵地ファンはスタメン発表だけでなく、大谷が打席に入ると大ブーイング。自軍エース右腕が三振を奪うと、大歓声で喜んだ。

 フィリーズは試合前の時点で今季58勝32敗で全リーグ1位の勝率・644を誇る“最強軍団”。同2位・604のド軍とは10月のポストシーズンも見据えた前哨戦ともなる。

 そのフィリーズ相手に本塁打を放てば、初めてとなる。通算199本塁打としており、節目の200号にも期待がかかる。

スポーツニッポン

「フィリーズ」をもっと詳しく

「フィリーズ」のニュース

「フィリーズ」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ